OH様のYOU-YOU(ゆーゆー)自適

アクセスカウンタ

zoom RSS 【名人芸】立川談春独演会

<<   作成日時 : 2018/01/10 23:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今年の初笑いです。

 新宿の紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAで催された『立川談春 独演会2018』を観てきました。

 談春さんは今、最もチケットが取れない噺家です。

 談春さんはなかなかテレビなどのメディアでの落語を観る事が出来ないので高座に行くしかないのですね。

 しかし、運よくチケットが取れたなら・・・もう、2時間〜3時間の流れが速い、速い。1席30分の噺はもちろんですが60分の長めの噺でもあっという間に感じてしまうくらいその世界に引き込まれます。

 今日の演目は『六尺棒』、『藪入り』、『包丁』の3席でした。

 『六尺棒』
 吉原で遊び三昧の若旦那、幸太郎さん。気持ちよく帰ってくると、お店の裏口は閉まってます。

 戸口をトントン叩いて、番頭さんや手代さんを呼ぶが誰も出てきやしません。ようやく出てきて応対するのは主人であり父親の声。

 すると、そんな道楽息子はかつておりましたが家族・親族会議で勘当することになりましたのでどうぞ、本人につたえてくださいませ・・・と冷たい一言です。

 さてさてそこから、親子の知恵比べが始まりますが、短編の1席でありながら面白さがギュッと詰まった話です。


 『藪入り』
 これは古典の中でも人気の一席です。
 奉公に出された一人息子が3年ぶりに家に帰ってきますが父親は前の晩から気が気ではありません。
いざ帰ってきたら父親は正面から息子の顔を見れないほどの恥ずかしがりやさんです。

 銭湯に行っている間に息子の財布の中身を思わず見てしまった母親は額に唖然とします。10歳の子供が持つ量の金額でしょうか?そしてそのお金はどのようにしてかせいだのでしょうか。
 

 『包丁』
 女を次から次へと変えては浮名を流す男がまたもや嫁のほかに好きな女ができてしまいました。
 町でばったり出会った寅という遊び人にある相談を持ち掛けます。その相談とは女房に言い寄って落としにかかった瞬間に二人の前に出てきて包丁で女房を脅してそのあげくは女郎に売って大金をせしめてやろうという魂胆。

 しかし、女房はってぇと1枚も2枚も上手です。
 さすがの亭主もここまでの女房とは思ってもいなかったようです。

 談春さんの噺は目の前に情景が浮かんでくるような作り方です。たっぷりとその世界に入り込んでみて、オチは皆さんの耳で聞いてみてくださいな。
 この3席はどの噺もしっかりしたオチが待っています。

 抱腹絶倒な2時間半でありました。
画像


 
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【名人芸】立川談春独演会 OH様のYOU-YOU(ゆーゆー)自適/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる