【命の重さ】川崎・中1殺害事件の判決に思うこと

 昨年2月、川崎区の多摩川河川敷で当時中学1年の少年が殺害された事件は記憶に新しいのですがその事件の主犯格で殺人と傷害の罪に問われた無職少年(19)への判決公判が今日横浜地裁で行われた。
 
画像


 判決は懲役9年以上13年以下の不定期刑(求刑・懲役10年以上15年以下の不定期刑)であったが、近藤宏子裁判長は「凄惨(せいさん)で手口の残虐性は際立っている。犯行の主導者として最も重い責任がある」などと述べた。

 判決によると、被告は昨年2月20日午前2時ごろ、遊び仲間だった18歳の少年2人=いずれも傷害致死罪で起訴=と、上村さんの首をカッターナイフで何度も切るなどして殺害した。事件の約1カ月前には上村さんを殴ってけがをさせた。

 このほか、「絶命までに被害者が味わわされた恐怖や苦痛は甚大。無念さは察するに余りある」とも指摘。被害者の衣服を燃やすなど証拠隠滅を図った悪質さや、更生の難しさも、量刑の理由に挙げた。

 他方で、「被告が共感性を欠くことや、問題解決力の弱さ、暴力を容認する未熟さは、両親による成育環境が大きな影響を与えている」とも指摘。少年法が定める不定期刑の上限(15年)は選択しなかった。

 この裁判に関わった裁判員のコメントとして、「たいへん痛ましい事件だが、精いっぱいやった」と振り返った。「刑を重くしたからといって、再犯防止という観点からすると、効果があるかわからない。被告は必ず反省して、服役後には更生してもらいたい」と話した。

 また、「裁判員に求められるのは感情ではなく常識だ」と意識してきたが、被害者の両親の意見陳述では「感情が入り込んでしまった」。評議では、被告の家庭環境についても議論を尽くしたという。

 被告側の弁護人のコメントは「こちらの主張を十分理解して頂いた上で、フェアに判断して頂いた」と話した。弁護側は、被告の成育環境から十分な共感性が養われず、暴力によってしか問題を解決できなかったと主張してきた。懲役の上限が検察の求刑より2年短くなったことについて、「有利な点を斟酌(しんしゃく)してくれたと想像している」と語った。

 控訴について「今はコメントできない」とした上で、「反省は途上で、もし服役することになっても、他者への思いやりが養われるべきだ」と話した。

 
 さて、ここからはボクの私感なのですが、当事件に於いてはどの角度から見ても被告側に憂慮される余地はないと思う。裁判長のコメントにある問題解決力の弱さ、暴力を容認する未熟さ、両親による成育環境のどれもが叶ってるとは言い難いですね。
 しかしながら、裁判員の方が言う、必ず反省して服役後には更生してもらいたいという希望的観測は難しいと思う。

 弁護人のコメントは仕事上でのコメントとしては当然なのだろうが実のところ一人の人間としての本音はどうなのだろう・・・

 被告人は19歳である。懲役が満期の13年としても32歳の時には出所してくるわけだ。さて、その時に彼はどのような精神状態でシャバに戻ってくるのだろうか・・・

 人の命を奪ったことはどのような理由があるにせよ認められるものではないと思う。子を持つ親御さんならこの判決を納得できる方はいますか???

 

"【命の重さ】川崎・中1殺害事件の判決に思うこと" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント