【語源】お前が打たなきゃ誰が打つ

 我がベイスターズさんのことではありませんが・・・

 ドラゴンズさんのチャンステーマでピンクレディのサウスポーを使った応援歌があるのですが、球団側から不適切なフレーズがあるとの指摘を受けて当面自粛するという事態になっているそうです。
 
画像


 「みなぎる闘志を奮い立て お前が打たなきゃ誰が打つ 今 勝利を掴め」という歌詞の中での「お前」が問題視されていいるようですが、「子供も観戦する中で、選手を“お前”と呼ぶのはいかがなものか」という旨の意見がでているらしい。


 個人的な感想ですが・・・

 くっだらねぇこと考えてねぇで親が子供に教えてやれよ!ってことですよ。

 そもそもですけど・・・

 『お前』という言葉をよく調べていただきたい。
 神仏や貴人の前を敬っていう語で、現在でも「みまえ(御前)」や「おんまえ(御前)」は、神仏の前をいう語として用いられているそうです。

 江戸初期までは高い敬意をもって用いられたが、「貴様」と同じく次第に敬意の意味が薄れ、明治以降は同等や目下の者をさす語となったという経緯があるそうなので、決して乱暴な言葉ではないのですよ・・・

 それよりもゲーム中にもっと、もっと汚いヤジを飛ばす人たちを止めるほうが先決とちゃいますの???

 ドラゴンズさんのチャンステーマでのサウスポー、オレ結構好きなんだけどなぁ・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック