【先行力】春のGⅠでのトレンドだもの・・・

 第69回安田記念はインディチャンプが1分30秒9の安田記念レコードで勝ち、新マイル王に輝いた。
 
画像


 1番人気のアーモンドアイは猛追したが3着となり昨年からの連勝は6で止まった。

 レースは予想通りアエロリットが逃げ淡々と進んだが直線で並ぶインディチャンプが大外から追い込むアーモンドアイを封じ込んだ結果となりました。

 この結果は今の府中の馬場での特徴がまたしても結果となって現れました。

 先行力のある内枠の馬が残り、外枠の追い込み馬は届かない・・・

 そんな特徴を馬券作戦に役立てないのはもったいない・・・

 確かにスタートでの不利もあったかもですが、今の馬場は先に行ったほうが絶対に有利です。

 しかし、最近の川田将雅はツキに見放されています。ちょっと、同情しちゃいますね。

 戸崎圭太も2週連続2着。これも残念ですよね。

 次回こそは・・・ですね。

 これで、春のGⅠもいったん終了。最後に宝塚記念を残すのみとなりました。

 季節も梅雨に入ろうとしています。

 競馬はこのあと夏競馬、ローカル開催へと向かっていきます。一抹の寂しさを感じますね・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック