【連鎖】どうして続くのか高齢者の事故

 今日も高齢者(とも言えない年齢ですが)の交通事故で小さな子供達が犠牲になりました。
 
画像


 午後5時すぎ、町田市大蔵町で乗用車が歩行者に突っ込み、7歳の女の子2人と5歳の男の子1人、40代の女性がけがをして病院に搬送された。車を運転していた60代の女性もけがをしたが、いずれも意識はあり、命に別状はないということではあるのですが・・・

 事故の状況を映す映像を見るとT字型の交差点をブレーキを踏む様子もなく居眠り運転のように見えた。事故を起こした女性の供述によると交差点の手前から意識を失っていたとのことであるが・・・

 これ、運転中に突発的に起こったものであれば双方にとって大変気の毒な事故だと思うのですが、その症状が以前にもあったとするならばこれは悪意を備えていたと思えてしまいます。

 ボクの世代でもすぐそこに来ているようなことでもあります。

 このような事故が連鎖していることに身を引き締めてハンドルを握ると共に常に集中して運転したいと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック