【上昇】5月を乗りきったベイスターズさん

 4月は8勝16敗と散々な思いをしましたが5月は12勝11敗で乗りきった、我がベイスターズさん。
 
画像


 揃わなかった先発投手陣が安定してきたことが、やや振るわなかったチーム状態を立て直した感があります。
 やはり、先発がある程度ゲームを作ればセットアッパー陣もやりくりが楽になり力を存分に発揮できます。

 打線も1割台だった宮﨑やソト、ロペス、打率こそ数字を上げていてもここ一番で打てなかった筒香にも当たりが戻ってきました。

 あとは点の取り方だとボクは思っています。送るべきところは、しっかり送るとか、相手投手が嫌がることをやる。そんな感じではないかな?と素人考えで申し訳ないですが球数を投げさせるようなことをしたら良いのではなーーんで思うのですよ。

 そして来週からは苦手な交流戦。ここ2年は互角の戦いが出来ますが、今年もパ・リーグは相当強いと思います。

 よほど気を引き締めていかないと・・・そう思うのですよ。
 

【泥沼】よそ様でも気になるわ~~

 我がベイスターズが10連敗したことが今でも上位に浮上できない大きな原因なのですが、スワローズさんがなんとなんと14連敗と泥沼から這い上がれない状態になっていますね・・・
 
画像


 ベイスターズの場合はBIG4と呼ばれる打線が全く機能しなかったことが大きな原因でしたがようやくそれもこのところ解消してきました。また開幕に先発投手陣が揃っていなかったことで中継ぎ陣に毎日登板する過酷なゲームが続いたことも原因でした。

 スワローズさんの場合も打線は相当重量打線です。しかし、投手陣が手薄かとも思っていますし、中継ぎ、クローザーが弱いような印象はあるのですよ。

 さて、明日からは横浜スタジアムにそのスワローズさんを迎えての3連戦。しかもこの3連戦はガールズデーというイベントです。
 ベイスターズさんはイベントのゲームが弱いんですよ~~

 そして連敗ストッパーというあまり欲しくないニックネームもあります。連敗中の相手に勝たせてあげるとか、調子が上がっていない選手にヒットを打たれて調子を上げてやるとか・・・

 まぁ人の良いチームなんだ事・・・

 ここで最低でも勝ち越して交流戦へと進んでいって欲しいもんだス・・・

【初踊】日曜日は平塚で面白いことがあるようだよ~~~

 季節は春から夏へ向け歩を進めようとしています。

 よさこいの世界でも少しずつ今年のイベントが始まっていきます。

 6月2日(日)平塚市で行われるのは『第16回湘南よさこい祭2019』です。

 神奈川県下のチームはもちろんのこと、東京、静岡など47チームが集まります。

 ボクが所属する『ネットでよさこい』は今年も明るく楽しく平塚の街を楽しみ、盛り上げていこうと思います。

 そして今年は、ネットちゃんの親会社的な存在の『本丁筋踊り子隊』が初めて湘南へ登場します。しかも、新作をひっさげて・・・

 では、皆さん何時頃来ればボクに会えるかと言うと・・・いやいや間違った、ネットちゃんや本丁さんに会えるかと言いますと・・・

 【ネットでよさこい】
 
 見付台広場 12時45分

 スターモール 14時36分
 
画像



 【本丁筋踊り子隊】

 見付台広場 12時15分

 スターモール 14時09分

 どうやら今年はお天気も大丈夫なようです。皆さんのご来場を心よりお待ちしております。


 絶対に来なくちゃなんねぇ~~べぇ!!

【残虐】やり場がない怒り

 今朝は怒りを抑えきれない事件がありました。登戸で起きた、通り魔殺人事件。
 
画像


 二人が死亡、十六人が怪我、容疑者も自殺を図りその後死亡。

 何も解決のない事件となりました。

 一言で言えば卑怯極まりないわけです。容疑者にとっては、何に対しての怒りの行動だったのか、亡くなられた被害者の家族にとってはどこに怒りを向けたら良いのでしょうかね。

 幸運にも命が守られた子供達にはこれからの人生に深い傷だけが残るそんな朝だったでしょう。

 亡くなられた方のご冥福を祈るばかりです。

【戦利品】ゲットしたぜぃ

 ダービーデーで見事、ゲットしたのは・・・
 
画像


 キャンペーンでの抽選で得たリボン

 指定席内でお弁当買ったらいただいたマグカップ

 3レースでの三連複770円。

 以上❗

 ありゃりゃ

 また、来週に続く

【回顧】ダービーを振り返ってみると

 第86回東京優駿(日本ダービー)は1枠1番の浜中俊騎手騎乗のロジャーバローズが2分22秒6のダービーレコードでダービー馬となった。
 


 レースは予想通り7枠15番のリオンリオンが大
画像
逃げを打って1000M通過が57秒台とハイラップを踏むが2番手につけたロジャーバローズ以下はマイペースで進む流れとなり、4コーナーを回ったあたりでロジャーバローズが先頭を伺います。そのあとは先週のオークス同様前で楽に走れる馬に有利となり先団につけていたダノンキングリーが追い詰め大外を回ってきたサートゥルナーリア、ヴェロックスにはきつい展開となりました。

 結果、ダノンキグリーはクビ差まで追い詰めるも2着に敗れ鞍上の戸崎圭太は2年連続のダービー2着なりました。

 1番人気で無敗の3枠6番サートゥルナーリアはパドックでは好気配でした。本馬場入場時も特に目立ったことはありませんでしたが、返し馬のあとゲート前まで向かうあたりから異様にテンションが上がっていたように思えました。首の上げ下げが激しく何かにいら立っているように見えましたね。
 それがスタートの瞬間の立ち遅れにつながったのでしょうね。

 この日の芝でのレースは逃げ、先行馬が残るケースが多く、鞍上のレーン騎手も6レースで逃げ切ったレースをしているので早めに先団につけていくプランはあったと思います。しかし立ち遅れから外を回さざる得なかったことによって直線残り200以降の伸びを失ったのでしょうね。

 3番人気の皐月賞2着馬、7枠13番のヴェロックスは馬体はすごくよく見えました。返し馬の雰囲気も良かったと思います。
 某、調教診断コメンテーターが言ってましたが直前の調教を今までと変えて強くやりすぎた感があると解説していましたが、調教を予想のファクターにしているボクとしてもその意見には賛同しますが、気配からすればそれを補うに十分な状態だっただけに後ろから追い込むにはきつい流れになったことが悔やまれますね。

 勝ったロジャーバローズとその関係者の方々には心からおめでとうございますと申し上げたいです。
 浜中騎手にとっても6度目の挑戦で初のダービージョッキーですから嬉しいことでしょう。
 しかし、これからは追われる身ですから大変でしょうね。まずは激走のあとですからまずはリラックスしてほしいですね。

 個人的には散々な結果ではありましたが久々に東京競馬場で見たダービー、楽しゅうございました。

【OH様のこれでIPPON】日本ダービー、目黒記念/東京・安土城ステークス/京都

 気温が30度を超える。

 5月ですよ・・・

 どうかしてるよね・・・

 そんな中でのダービーです。

 馬もキツイんじゃないのかね・・・

 
 さぁ、ワクワクなダービーデーです。

 楽しみましょう!!

 『京都10R 安土城ステークス (リステッド) 4歳上オープン ハンデ 芝1400M 外回りDコース 13頭 15:15発走』

 ◎ 13番 ラヴィングアンサー

 〇 1番 トゥザクラウン

 ▲ 7番 ダイアトニック

 △ 8番 カラクレナイ

 ✕ 9番 カルヴァリオ
 
画像


 昇級戦ですが13番のラヴィングアンサーを中心視します。時計面ではすでにオープンクラスと遜色ないし、上がりの脚の速さは出走馬の中でも抜けていると思います。
 相手は1番のトゥザクラウン。攻め馬での動きは絶好調。
 馬券は3連複1頭軸流しで13番から印の各馬へ。


 『東京11R 第86回東京優駿(日本ダービー)GⅠ 3歳オープン 芝2400M Cコース 18頭 15:40発走』

 ◎ 6番 サートゥルナーリア

 〇 7番 ダノンキングリー

 ▲ 13番 ヴェロックス

 △ 14番 ランフォザローゼス

 ✕ 12番 アドマイヤジャスタ

 ☆ 3番 エメラルファイト
 
画像


 サートゥルナーリアの2冠を信じています。前走の皐月賞は一見辛勝でしたが、休み明けでのレースだったのと最後の直線で若干物見をしたようなレースでした。ここではさらに着差を付けての勝利とみています。
 相手も皐月賞の2着、3着の2頭かと思っています。ただ今回はダノンの方が先着するのでは・・・
 最大の惑星は攻め馬が抜群によく見えた3番のエメラルファイト
 馬券は3連複で6番と7番の2頭軸から印の各馬へ。3連単は6番を1着、7番と13番を2着、S着には上記2頭に印の各馬。

 
 ダービーで当たった人はもう一丁、外れた人は敗者復活の・・・
 『東京12R 第133回 目黒記念 GⅡ 4歳上オープン ハンデ 芝2500M Cコース 13頭 17:00発走』

 ◎ 12番 パリンジェネシス

 〇 10番 ルックトゥワイス

 ▲ 4番 ムイトオブリガード

 △ 6番 ブラストワンピース

 ✕ 5番 アイスバブル
 
画像


 展開的に前で楽に競馬できそうなパリンジェネシス。相手は12ハロン辺りでの実績のあるルックトゥワイスとムイトオブリガード。ブラストワンピースは59キロがどうか。斤量泣きするタイプなので評価を少し下げた。
 馬券は3連複1頭軸流しで12番から印の各馬へ。

 明日は発走時間とレース構成がいつもと違うのでご注意を・・・
 東京1Rは9:40発走です。

 『当たるも八卦当たらぬも八卦』

 さぁ、皆さん、楽しいダービーデーを!!

【OH様のこれでIPPON】欅ステークス/東京・葵ステークス/京都

 ダービーウィークとなりました。

 1週間ワクワクですね。

 仕事になんか手が付きませんよ。

 な~~~んちゃって。

 まずは明日資金稼ぎせな・・・

 では・・・


 『京都11R 第2回葵ステークス (重賞)3歳オープン 芝1200M 内回りDコース 16頭 15:35発走』

 ◎ 6番 ディアンドル

 〇 11番 ディープダイバー

 ▲ 1番 ケイアイサクソニー

 △ 14番 タマモメイトウ

 ✕ 4番 ドゴール
 
画像


 ここは4連勝中のディアンドルが中心。相手は2連勝中のディープダイバー。人気薄の馬も攻め馬好調なのもいるので馬券は3連複1頭軸流しで6番から印の各馬へ。


 『東京11R 欅ステークス 4歳上オープン ダート1400M 16頭 15:45発走』

 ◎ 6番 ダノンフェイス

 〇 1番 アルクトス

 ▲ 2番 アディラート

 △ 10番 ドリームキラリ

 ✕ 16番 スズカコーズライン
 
画像

 
 このコースで持ちタイムの優秀なダノンフェイスを中心にアルクトスが相手筆頭。攻め馬好調な馬が多いので手広くいきたいところではある。
 馬券は3連複1頭軸流しで5番から印の各馬へ。


 『当たるも八卦当たらぬも八卦』

 さぁ、皆さん張り切ってまいりましょう~~~ね!!

【優駿】思い出のダービー馬-4-

 悲願達成!

 その言葉がピッタリ当てはまるのが1993年(平成5年)の第60回ダービー優勝馬ウイニングチケットの鞍上だった、柴田政人です。
 
画像


 1992年の9月函館競馬でデビューし2戦目で勝利を挙げる。以後弥生賞を勝つまで4連勝を数え皐月賞を迎える。

 しかしその皐月賞で馬群に包まれ4着と敗れてしまう。

 雪辱を果たすべくダービーでは1番人気となりスタートゲートをくぐることになる。

 道中では中団に位置し、4コーナーで先団に上げると前がポッカリと空き一気に先頭を奪う。内から粘るビワハヤヒデを、大外から急襲してくるナリタタイシンを振り切り見事にダービー馬となる。

 鞍上の柴田政人騎手は19回目のダービー挑戦にしてようやくダービージョッキーになれたわけだが、勝利騎手インタビューでは『世界のホースマンに60回のダービーを勝った柴田ですと伝えたい』と語っている。

 この後は秋初戦の京都新聞杯を勝ち菊花賞へ臨むがビワハヤヒデの3着に敗れ以降4歳時の秋まで走るが未勝利のまま引退することになる。

 馬が騎手を華やかにしてくれたそんなダービー馬でした。

【優駿】思い出のダービー馬-3-

 個性的なダービー馬。

 ボクはメリーナイスを真っ先に挙げます。
 
画像


 1987年(昭和62年)の第54回でのダービー馬です。

 1986年8月3日、函館競馬場でデビュー戦で勝利し、その後朝日杯3歳ステークスでも勝ち最優秀3歳牡馬に選ばれた。
 明け4歳となりスプリングステークスから始動した。しかしマティリアルの前に見せ場なく9着に敗れ、続くクラシック初戦の皐月賞でも7着に敗れた。そして迎えたダービーでは4番人気でゲートをくぐることになる。
 道中は終始先行集団でレースを進め4コーナーを回ると一気に先頭に立ってそのまま粘るサニースワローに6馬身の差をつける圧勝でダービー馬に輝いた。

 明るい性格の鞍上根本康弘の派手なガッツポーズが印象的でした。そしてこのダービーのレースぶりが後に映画『優駿』のシーンに使われる予定であったのですがこのレースでは1番人気のマティリアルにカメラが集中しすぎてメリーナイスの映像が無いという裏話もある。

 この後もこのメリーナイスには様々なエピソードが付いて回る。

 秋の大一番であった菊花賞ではやや暴走気味の向こう正面での走りが響いたか9着惨敗でありました。

 そして有馬記念ではスタートと同時に根本康弘を振り落としてしまい落馬競走中止となった。

 勝つときはド派手、負ける時もド派手なのがこのメリーナイスだったと言えまいか?

【優駿】思い出のダービー馬-2-

 昨日は初めて見たダービー馬。

 今日は一番声を出したダービー馬とでも言いましょうかね・・・

 1990年(平成2年)の第57回のダービー馬『アイネスフウジン』が思い出に残る1頭です。
 
画像


 9月の中山開催で新馬デビューしましたが2着に敗れ同開催で再び新馬戦に出走(当時は同開催で2回まで新馬戦に出走できました)しましたが2着に敗れました。続く10月の東京開催の未勝利戦で勝利します。
 そして12月の朝日杯3歳ステークス(当時は馬齢を生まれた時が1歳で数えていました)へ挑戦します。5番人気ではありましたが1000Mを56秒9というハイペースを作り後続の脚を成す術も無くしレコードタイのタイムで圧勝してJRA賞最優秀3歳牡馬を受賞します。

 明け4歳となり初戦に選んだのは共同通信杯でした。1番人気に支持されその期待にしっかりと応え勝利。

 続く皐月賞トライアルの弥生賞では不良馬場が堪え4着となり、クラシック第一弾の皐月賞では直線での不利もあって2着と敗れます。

 そして大一番のダービーでは3番人気でしたが、スタートからペースをつかみ、一度も先頭を譲ることはありませんでした。しかも骨を切らせて肉を断つ戦法とでも言いますか、自分も苦しいが相手はもっと苦しいレースを選択しました。結果、2分25秒3のタイムで2着のメジロライアンに1馬身1/4差で退けダービー馬と輝きました。

 そのダービー馬に向けたこの日東京競馬場に訪れた20万人の観衆が称賛を口にしたのが『ナ・カ・ノ』コールでした。これはこの時誰からとでもなく自然に起こったことでした。

 ボクもスタンド前で見ていましたがホントに自然にアイネスフウジンを鞍上の中野栄治騎手をナカノコールで讃えていたのです。

 中野栄治騎手と言えばお世辞にも勝利数が多い騎手ではありませんでしたがこのアイネスフウジンにはデビュー方一貫して騎乗していましたし騎乗スタイルも全くブレていませんでした。まさに人馬一体だったと思います。

 またこの時の枠連(まだ馬連は登場していません)770円の馬券は5千円だったか1万円だったか忘れちゃったけど確か1点で仕留めたと思います。

 まぁ、20万人の東京競馬場も後にも先にもこの時の1回だったし、勝利騎手をたたえる初めてのコールも体験したし大声を出した思い出に残るダービーでした。

【優駿】思い出のダービー馬-1-

 オークスは1番人気のラブズオンリーユーがゴール前でのたたき合いの末カレンブーケドールを差し切り新時代のオークス馬となりました。

 ボクのオークスは惨敗でした。だって真っ先に勝馬を消したんですから。ボクのファクターは攻め馬の時計がイマイチであると評価を落としてしまいます。更に東上経験がなかったのもマイナス要因としていましたがすべて吹き飛ばされましたね・・・

 さぁ、切り替えてダービーへと向かいましょう!!

 今年86回目を迎える東京優駿(日本ダービー)。ボクにとっては33回目のダービーです。

 それぞれに思い出がありますが特に深い思い出のダービー馬をご紹介しようと思います。

 第1回目はボクがライブで初めて見たダービー。1986年第53回のダービー馬、『ダイナガリバー』です。
 
画像
 

 共同通信杯を勝って時点ではクラシックの最有力馬と言われていました。皐月賞のトライアルとして選んだのはスプリングステークスだったのですが、まさかの降雪による翌週への延期。

 一度仕上げた馬体を翌週まで維持することは難しいし次の皐月賞への影響も大きいので翌週は出走を回避し皐月賞はぶっつけとしました。

 しかし一度崩れたコンディションは短期間では戻らなかったのか皐月賞は10着と惨敗でした。

 そしてダービーでは3番人気と評価を落としましたが、レースでは好位から抜け出し、見事松山吉三郎調教師に初のダービートレーナーの称号をプレゼントしました。また、鞍上の増沢末男騎手は2度目のダービージョッキーとなりました。

 このレースでは枠連が2030円となかなかの配当。ボクは初めてのダービーで的中といううれしい思い出として今も記憶に残っています。

【OH様のこれでIPPON】オークス/東京・下鴨ステークス/京都・韋駄天ステークス/新潟

 さぁ、オークスですね。今週と来週は競馬をこよなく愛する人にとっては寝ても覚めてもこのことばかり考えてしまいますね。(いやいや、ちゃんと仕事しなさいって(;^_^A)

 では、オークスデーのメイン予想といきましょうや・・・

 『新潟11R 韋駄天ステークス 4歳上オープン ハンデ 芝1000M 直線Bコース 16頭 15:20発走』

 ◎ 6番 レジーナフォルテ

 〇 11番 タマモブリリアン

 ▲ 14番 カッパツハッチ

 △ 15番 ライオンボス

 ✕ 13番 ミキノドラマー
 
画像

 
 ここ数戦安定した成績を残すレジーナフォルテ。直線競馬の実績もあり今週の攻め馬の動きが絶好。中心視します。
 前走、1000万下で圧勝したライオンボスは外枠を得たもののハンデ差がそれほどないのが気がかりで少し評価を下げました。
 馬券は3連複1頭軸流しで6番から印の各馬へ。
 「いだてん」キーワードで主人公の金栗四三から馬連3-4は買っておくか・・・(笑)


 『京都11R 下鴨ステークス 4歳上1600万下 ハンデ 芝2000M 内回りDコース 8頭 15:30発走』

 ◎ 4番 アクート 

 〇 3番 センテリュオ

 ▲ 6番 バレーノロッソ

 △ 2番 サトノケンシロウ
 
画像


 アクートは関東馬ではあるのですが関西遠征は慣れたものでしょう。10~12ハロンでの距離に自信を持っていると思います。アヴドゥラ騎手への乗り替わりですが問題ないでしょう。
 馬券は4番の単勝。3連単で1着4番、2着3番、3着に6番と2番。


 『東京11R 第80回優駿牝馬(オークス) GⅠ 3歳牝馬オープン 芝2400M Bコース 18頭 15:40発走』

 ◎ 2番 クロノジェネシス

 〇 3番 コントラチェック

 ▲ 7番 シャドウディーヴァ

 △ 5番 エールヴォア

 ✕ 12番 ウィクトーリア

 ★ 14番 フェアリーポルカ

 ☆ 6番 アクアミラビリス
 
画像
 

 クロノジェネシスは東京コースでの実績もあるので関西馬の中では最上位とみる。2番枠は絶好の枠を得たと言えるしよほど道中で包まれるようなふりが無い限り直線で一番いいコースを選べるメリットがあると思える。

 コントラチェックはフラワーカップの勝ち方が圧巻でメンバーが強化される今回力をそのまま出せるかが心配だがクロノ同様3番枠なので馬場のいいところを選ぶ権利を持っている。不安材料は直前の攻め馬が軽めであったことが作戦なのか・・・

 次位はシャドウディーヴァとエールヴォア、ウィクトーリア。3頭とも切れ味があるので上手くハマれば馬券圏内でしょう。シャドウは東京コースが大得意、エールは32秒台の上がりを持っており今週の攻め馬が良かったです。ウィクは前走後ろから差す競馬が大成功したことがここで活きるかも。

 大穴候補としてフェアリーポルカとアクアミラビリス。
 フェアリーは血統を見るとオークス馬のオンパレード。ここでこその馬なのかも。アクアは攻め馬で11秒台で決めたのでこういうタイプが3着食い込んでくるような気がします。

 馬券は馬連フォーメーションで2番と3番から印の各馬へ、3連複は2番の1頭軸流しで印の各馬へと3番の1頭軸流しで印の各馬への2通り。3連単フォーメーションは1着に2番と3番、2着は上記2頭に加え7番を3着は上記3頭に加え印の各馬とします。


 『当たるも八卦当たらぬも八卦』

 では皆さん、バッチリ当てましょうね!!

【上昇】風が吹いてきた~~

 全くもって仕事はトラブル続きで対応に追われ気持ちが折れそうになる毎日なのですが・・・

 ようやくそんなボクにもニッコリ出来るようなことがこの二日間起きました。

 昨日は日本ダービーが行われる来週26日の東京競馬場の指定席券が抽選で当選した報告がありました。

 競馬場でダービーを観戦するのはアイネスフウジンが勝った1990年のダービー以来かな。約30年ぶりなんだね。

 長く競馬やってんだな・・・


 そして今日は7月30日~8月1日開催のベイスターズVSスワローズ戦が当選。

 そんなの普通に買えるじゃん・・・って思いますよね?

 いやぁ違うんだって・・・この3連戦は「YOKOHAMAスターナイトシリーズ」と言ってスペシャルユニホームが配布されいろんなイベントが開催されるんですわ。毎年このシリーズはファンクラブの人に限って優先抽選がされるんです。そこでいい席はほぼ埋まってしまうのですよ・・・

 ボクは8月1日のゲームが当選でした。
 
画像



 ん?ここで運気全開で良いのか?オレ!!

 このいい流れを逃さないように清い生活を心がけましょう・・・っと。
 

【OH様のこれでIPPON】メイステークス/東京・平安ステークス/京都・大日岳特別/新潟

 オークスの週を迎えました。

 ボクのコラムでは思い出のオークス馬を2頭ご紹介しましたが昭和の時代から見てきたオークス馬それぞれに思い出があるのは言うまでもありません。

 今年はどのような思い出を作ってくれるのでしょうか。なんだかワクワクしてきました。

 しかしその前に・・・

 『新潟11R 大日岳特別 4歳上1000万下 芝1200M 内回りBコース 16頭 15:25発走』

 ◎ 9番 シセイヒデン

 〇 5番 グッドジュエリー

 ▲ 14番 ビリーバー

 △ 15番 ニシノラディアント

 ✕ 4番 ズアー
 
画像


 新潟最終週を迎えここは差し脚の鋭い馬を狙う。9番のシセイヒデンを中心に馬券は3連複1頭軸流しで印の各馬へ。


 『京都11R 第26回平安ステークス GⅢ 4歳上オープン ダート1900M 16頭 15:35発走』

 ◎ 8番 サンライズソア

 〇 7番 チュウワウィザード

 ▲ 5番 アナザートゥルース

 △ 15番 サトノティターン

 ✕ 9番 ジョーダンキング
 
画像


 人気になるであろう4歳馬にはかなり重い斤量が背負わされていてさらには先週からの傾向でダートは先行馬にかなりいい状態な馬場であることを見るとサンライズソアに注目が集まる。
 馬券は3連複1頭軸流しで8番から印の各馬へ。


 『東京11R メイステークス 4歳上オープン ハンデ 芝1800M Bコース 15頭 15:45発走』

 ◎ 2番 ダイワキャグニー

 〇 1番 ベルキャニオン

 ▲ 7番 ストーンウェア

 △ 15番 レイエンダ

 ✕ 3番 ブレスジャーニー

 素質馬レイエンダはどうも勝ちきれないレースが続いている。騎手をアヴドゥラに帰ることで新しい一面が出るかもしれないがここは2番のダイワキャグニーに注目。
 馬券は3連複1頭軸流しで2番から印の各馬へ。


 『当たるも八卦当たらぬも八卦』

 皆さんバッチリ当てましょうね!

【女王】思いでのオークス-2-

 32年前のオークス馬です。その名をマックスビューティと言います。鞍上は田原成貴。天才と言われた男が天才少女を美しく導いたオークスでした。
 
画像


 桜花賞を難なく圧勝し多後、最近ではオークスへ直行しますがこの頃はオークストライアルを挟んで臨むことも少なくありませんでした。同馬もその1頭です。ただ、トライアルの時は田原成貴が騎乗停止を受けて柴田政人が代打騎乗。
 さすがにこの辺りでは力の違いで危なげなく勝利しました。
 
 そうして臨むオークスは今や死語となった単枠指定。しかも24頭立てという今ではもう見ることのできない頭数です。

 馬場状態は重馬場。決して得意ではないコンディションだったと記憶しています。

 スタートしてやはりいつもより行き脚の鈍いような走りっぷりで15番手での道中でしたが直線に向かうと馬場の真ん中をするするとそれは美しいフォームの人馬が1頭だけ走っていました。それがマックスビューティ。

 こんなにも美しい牝馬がいるのかと当時東京競馬場のゴール前で見ていた25歳のボクでした。

 この後も彼女は秋のトライアルを神戸新聞杯、ローズステークスと勝ち続けエリザベス女王杯へ進んで牝馬三冠への道を進んでいったのですが・・・

 惜しくもエリザベス女王杯ではマックスビューティよりも後ろから差してくる馬にやられるとは・・・

 今年は彼女のような美しい馬は出現するのでしょうか・・・

 

【女王】思い出のオークス-1-

 いよいよ今年も3歳クラシックのオークス、ダービーが2週続きますね。

 競馬はどのレースも同じとは言うけれどやはりオークスとダービーは別物ですよね。

 的中すると格段の喜びがあります。

 オークスで思い出のレースと言えば2013年のメイショウマンボが勝ったレースです。
 
画像


 この時のメイショウマンボは9番人気という低評価。

 前走の桜花賞では10着と惨敗していたせいもあったのでしょう。また、桜花賞組の時計が割と平凡だったことも低評価の一因だったと思います。

 しかし、オークスの直前追切では見違えるような絶好の動きを見せ父のスズカマンボが持つ長距離の適性を見せるのではないかという予想の元、単勝、複勝、馬連、馬単、3連複、3連単をすべて的中する完璧な結果でした。

 レース後の武幸四郎騎手の涙も思い出深いシーンでしたね。

 今年もこんなパターンを探そうと思うのですが・・・はたして?

【除名】そりゃそうでしょ・・・あったま悪いもんね

 日本維新の会は14日、丸山穂高衆院議員(大阪19区)が提出した離党届を受理せず、除名処分とした。
 
画像


 11日、北方四島ビザなし交流の訪問団の一員として国後島を訪れた際の懇談会で、団長の元島民に対し酒に酔った状態で「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」などと大声で質問した。

 なんなんでしょう・・・この頭の悪すぎる発言は。

 このひと先ずもって国会議員として誰の金で給料もらってると思ってるんでしょうか、誰の金で北方四島へ行ったと思ってるんですかね・・・

 仕事に対する意識の低さ、一般社会なら一発クビですわな。

 思うに、選挙の際にその時の風に乗っかって当選した人ってこんな不祥事起こす人多くないかな・・・?

 そんな気がするんだけどね。

 

【完了】申し込みで~~~きた!!

 東京オリンピックのチケット申し込み、全然待たずに終了しましたよ。
 
画像


 当落の発表が6月18日だそうで・・・

 シンクロ、体操、野球、などなど全部当選すると7万円くらいになるんだけど・・・(貯金しとかな

 全部当たらなくても良いけど、なんか見たいよね・・・

【難航】オリンピックへの道は険し><

 2020年東京オリンピックの各競技入場券予約が始まりました。

 ニュースなどでも報道されている通りホームページへのアクセスがとんでもないことになってます。

 まずは登録IDを取得することから始まるのですが、ボクの場合既にIDは取得していたのですが、皆さんご注意を。

 登録した際のIDはもちろんのこと、パスワード、登録時に入力した電話番号覚えてますか?

 ログインする際にIDとパスワードを入力しますが5回失敗するとアカウントは凍結されログインが一時的に不能になってしまいます。一時間後に解除になるようですがそこでパニックにならないようご注意を・・・

 ボクも一時的に凍結されて今日はアクセスをあきらめて明日またトライしようと思ってます。
 
画像


 オリンピックはテレビの前で見るのが一番かもね・・・

 いやいや、あきらめないで頑張っぞ!!

【OH様のこれでIPPON】ヴィクトリアマイル/東京・栗東ステークス/京都・赤倉特別/新潟

 今日の首都圏は30度近くまで気温が上がりました。外を歩いていても汗をかくほどの気温でした。明日は5度くらいは下がるようですが、気温の変動に対して体調を皆さん崩さないようにお気を付けて下さいね・・・

 さて、明日はヴィクトリアマイル。昨年はジュールポレール本命で大きな馬券を的中させた縁起のいいレースなんです。
 今年も大きなホームランになるかなぁぁ・・・

 『新潟11R 赤倉特別 4歳上1000万下 芝1800M 外回りBコース 12頭 15:20発走』

 ◎ 8番 アーデルワイゼ

 〇 12番 コーカス

 ▲ 1番 スリーマキシマム

 △ 10番 ルーモス

 ✕ 2番 リリックドラマ
 
画像

 昨年の10月の新潟芝1800Mで1分48秒3で上がり33秒台で勝っているレースに注目したいです。しかも今週の攻め馬が走っているので中心視したい。

 馬券は3連複1頭軸流しで8番から印の各馬へ。


 『京都11R 栗東ステークス(リステッド) 4歳上オープン ハンデ ダート1400M 14頭 15:30発走』

 ◎ 5番 スマートダンディー

 〇 4番 ヌーディーカラー

 ▲ 12番 タムロミラクル

 △ 10番 キングスガード

 ✕ 14番 エポック
 
画像

 ここはダート1400Mのスペシャリストに期待してスマートダンディーを中心視する。相手は2連勝でオープン入りを果たしたヌーディーカラー。

 馬券は3連複2頭軸で5番と4番から印の各馬へ。


 『東京11R 第14回ヴィクトリアマイル GⅠ 4歳上牝馬オープン 芝1600M Bコース 18頭 15:40発走』

 ◎ 1番 アマルフィコースト 

 〇 6番 ラッキーライラック

 ▲ 18番 フロンテアクイーン

 △ 4番 ノームコア
 
 ✕ 9番 プリモシーン

 ☆ 8番 デンコウアンジュ
 GⅠ馬不在でどの馬にも勝つチャンスがあるように思えてならない一戦。格上挑戦ながら重賞を3着、2着ときているアマルフィコーストにもチャンスが大いにあると見ます。最内の経済コースで足を貯めて長い直線で33秒台の脚で伸びれば早め仕掛けて来ようラッキーライラックを差し切るのも可能でしょう。相手は勝つことも大いに考えられるラッキーライラック。3歳時はアーモンドアイと双璧の評価を得ていたくらいですし東京コースはオークス3着もあるので心配無用。

 馬券は1番の単複、馬連、馬単、ワイドで1番から印の各馬への流し、3連複は1番から印の各馬への1頭軸流しと6番から1頭軸で印の各馬への流し。3連単は1着に1番と6番、2着は1番、6番、16番、3着は上記3頭に加え印の各馬。

 『当たるも八卦当たらぬも八卦』

 皆さん、バッチリ当てましょうね!

【OH様のこれでIPPON】京王杯スプリングカップ/東京・都大路ステークス/京都・中ノ岳特別/新潟

 10連休が終わって皆さん平常な生活に戻った?

 競馬の方もGⅠが続くのでしっかりいきまっしょい!!

 『新潟11R 中ノ岳特別 4歳上1000万下 ハンデ ダート1800M 15頭 15:25発走』

 ◎ 15番 ケイツーリラ 

 〇 12番 クイックファイア

 ▲ 7番 コマビショウ

 △ 10番 シュプリームゾーン

 ✕ 9番 クリノヴィクトリア
 
画像


 ここは波乱ムードも感じられ本命は少々無理を承知で15番のケイツーリラ。近走は2桁着順ではありますが新潟の好走歴もあるし今週の攻め馬はなかなか走っているし連軸というより複勝、ワイドでの狙いで良いと思っています。

 馬券は15番の複勝、ワイドで15番から印の各馬へ。


 『京都11R 都大路ステークス (リステッド) 4歳上オープン 芝1800M 外回りDコース 11頭 15:35発走』

 ◎ 7番 サトノフェイバー

 〇 3番 ソーグリッタリング

 ▲ 10番 サンマルティン

 △ 5番 テリトーリアル

 ✕ 8番 エイシンティンクル
 
画像


 前走13か月ぶりのレースを3着と好発進したサトノフェイバーが中心。相手もソーグリッタリングでほぼ間違いなかろう。
 馬券は3連複2頭軸で7番と」3番から印の各馬へ。


 『東京11R 第64回 京王杯スプリングカップ GⅡ 4歳上オープン 芝1400M Bコース 16頭 15:45発走』
 尚、1着入線馬には安田記念への優先出走権が与えられます。

 ◎ 4番 トゥザクラウン 

 〇 3番 サトノアレス

 ▲ 8番 キャナルストリート  

 △ 6番 ロジクライ

 ✕ 9番 タワーオブロンドン
 
画像


 2連勝でオープン入りを果たしたトゥザクラウンを中心視します。攻め馬が併せ馬に対し後れを取ったが時計自体は悪くないし2月の1000万下での1分19秒6をマークした脚力を信じたい。強豪が特にいるわけではないのでここでは力を出してもらいたい。
 馬券は3連複1頭軸流しで4番から印の各馬へ。


 『当たるも八卦当たらぬも八卦』

 バッチリ当てましょうね!!

【悲嘆】他人事で見てはいけない事故

 滋賀県大津市で起きた園児2人が犠牲になってしまった交通事故。

 痛ましい事故と一言では言い表せない事故です。

 前方を注意せずに右折してしまった車と直進し右折車を避けようとした車。結果的には直進車が右折車に衝突された衝撃で歩道で待機していた園児の列に突っ込んでいったわけですが。
 
画像


 事故直後は両方の運転手を逮捕し事実確認を行ったようですが直進車を運転していた女性は昨夜釈放されたという。釈放されたとはいえ、2人の園児の命を奪った事実は変わらないわけで心の中は大混乱しているに違いないでしょうね。心が晴れることはないのではないかな・・・とも思います。

 保育園の関係者も心に負った傷はこの先晴れないでしょうね・・・

 昨日からニュースやワイドショー(ワイドショーは見てないけど)ではこの事件に関してばかりがトップで扱われてますが、事故の続報とか事故がどうして起こったかとか今後どのようにしたら事故は抑制できるかとかの報道は良いのですが、献花に訪れた人にマイク向けたり遺族の親戚とかの家に行ってマイク向けたりとかの映像は見たくないなぁ・・・
 この映像いる?って正直思うんですよ。強引に涙誘わなくてもいいんじゃないかな・・・(そういう訳じゃないのかもしれないけど)

 
 この事故を見て改めて思うのはハンドル握るときは気を引き締めて運転しないといけませんね。
 

【危険】歩道と自転車

 今日の帰宅時のこと。

 保土ヶ谷駅から自宅まで歩いて帰っている際に何度となく僕を追い越す自転車。
 
画像


 それもライトも点灯せずに音もなくボクの真横をすり抜けていくおっさんや、スマホを方に乗せて頭を傾けながらの運転するお姉ちゃん。

 危ないっつうの・・・

 しかもトップスピードで駆け抜けていくやつもいたり・・・

 何度首根っこを摑まえて引きずり倒してやろうかと思ったこと・・・はないけど(ちょっとだけあったかも・・・)

 自転車は例外を除いては車両なんだから車道を走るんだよね・・・
 (車を運転するときは邪魔だなぁ~~って思うことも度々あんのよね^^;)

 (1)歩道に「自転車通行可」の道路標識や、道路標示がある場合。
 (2)歩道に「普通自転車通行指定部分」の道路標示がある場合。
 (3)運転者が13歳未満又は70歳以上、または身体の障害を有する者である場合。
 (4)歩道を通行することが「やむを得ない」と認められる場合。

 この4例だけは除外なんだよね。

 だけど、派出所の前を走る自転車を止める警官見たことないんだけど・・・

 今度聞いてみようかな・・・

 真相を。

 
 

【地域性】どれにしようかな?

 昨日ラジオを聴いていて取り上げていた話題が『どれにしようかな・・・』の後に続く言葉は?というものだった。
 
画像


 そしてこれが地域性なのか年代別なのかは定かではありませんがまぁ、いろんなのがあるんですな。

 まずはボクが最初に書いたのがちょっと違っていて、「どちらにしようかな?」で始まるのが一般的なようで3種類以上の場合は「どれにしようかな?」になるようです。

 全国的に多かったのが・・・
 「どちらにしようかな 天の神様の言う通り なのなのなすびの柿の種」
 「どちらにしようかな 天の神様のいうとおり 鉄砲撃ってバンバンバン 柿の種」

 この二つがベースになっていろいろ変化するようです。

 「どれにしようかな 天の神様の言うとおり おすすのす柿の種 種鉄砲打ってバンバンバン もいちどおまけにバンバンバン」
 「どちらにしようかな 神様の言う通り なのなのなすびのはげあたま」
 「どれにしようかな 神様の言う通り ちっちきちっちきちっちっち 合わせてぴょこぴょこちっちきち」

 ほかにもたくさんあるんですね・・・

 う~~ん、奥深いね。
 
 
 
 

【終了】皆さんお疲れ様でした。でも明日からはもっと疲れんじゃね?

 史上初のゴールデンウィーク10連休はいかがでしたか?

 明日からは皆さん平常の生活が戻りますね

 今夜は明日からのことを考えるとワクワクしてます?

 あたしゃ、ほぼ仕事でしたからな~~~にも変わんないや

 唯一今日だけトレーニングでいい汗流したけど。
 
画像


 さっ、明日から頑張りましょう!!

【風物詩】やはり食べなくちゃ、入らなくちゃ。

 今日は5月5日、こどもの日。

 家の庭先にはこいのぼりを掲げ、部屋には5月人形を飾り、柏餅やちまきを食べて、夜は菖蒲湯に浸かってというのがこの日の正しい行い(?)
 
画像


 これも地方によってはいろいろ違うのかもですが、僕の故郷北海道では柏餅と言うよりはベこ餅を食べるのが多いような気がします。

 さて、この柏餅は江戸時代の中期くらいに生まれたものと伝えられているようですが、柏の葉が新芽が育つまでは古い葉が落ちないことから、「子孫繁栄(家系が途切れない)」という縁起をかついだものとされているようです。

 また、昔は保存するにも冷蔵庫などありませんから柏の葉の中にある「オイゲノール」という成分が殺菌作用に優れている点を利用したのだとも言われていますね。加えて保湿作用もあってカピカピになるのを防いでくれるのもかんがえていたようです。

 
 菖蒲湯に使う菖蒲は病邪を払う薬草として伝えられています。端午の日というのは春から夏への変わり目と考えられ体調の変化が出やすいと考えられ菖蒲を湯に浸けて入湯したと言われています。

 実際にアサロンやオイゲノールという精油成分が多く含まれていて腰痛や神経痛を和らげる効果があり、さらにアロマセラピー効果もあるので心身ともにリラックスできるとされています。

 昔から伝わるものにはしっかりした根拠があるんですよね。

 時代は変わってもこういう文化は伝え続けていきましょう。

 

【OH様のこれでIPPON】NHKマイルカップ/東京・鞍馬ステークス/京都・谷川岳ステークス/新潟

 いやぁ、この時期の天候不良での中止は考えてもみませんでしたね。マジで地球の壊れっぷりに改めて驚くばかりですね。

 日曜日は今日ほどの天候不良は無いようですがやはり大気は不安定らしいので注意は払っておいたほうがいいのかもですね。

 『新潟11R 谷川岳ステークス(リステッド) 4歳上オープン 芝1600M 外回りBコース 16頭 15:20発走』

 ◎ 15番 プロディガルサン オープン特別ではそこそこの成績を残してますし今週の攻め馬では絶好の時計をマークしています。

 〇 16番 アルーシャ 新潟コースでは1400Mで勝鞍がありますが、1600Mでも東京で実績もありますから問題ないでしょう。

 ▲ 9番 キャプテンペリー 南ウッドコースで素晴らしい時計での攻め馬。しかも馬なりですから、好調は間違いのないところです。

 △ 5番 アドマイヤアルバ 京都金杯での4着が光ります。攻め馬も前走以上の内容ですから狙いは立ちます。

 ✕ 13番 ミュゼエイリアン ここ2戦は中山1600Mで3着、4着と来ています。連下なら。
 
画像


 馬券は3連複1頭軸流しで15番から印の各馬へ。


 『京都11R 鞍馬ステークス 4歳上オープン 芝1200M 内回りCコース 17頭 15:30発走』

 ◎ 11番 セカンドテーブル 半年ぶりなんですが攻め馬の時計がすこぶる良くて狙いたいところです。

 〇 4番 ミラアイトーン 目下3連勝中と勢いがあります。

 ▲ 9番 カラクレナイ 陣営は休み明けに走るタイプと自信を持っています。

 △ 7番 イエローマリンバ 展開面での利がありそうです。

 ✕ 17番 カイザーメランジェ 大外枠が微妙ですが・・・
 
画像


 馬券は3連複1頭軸流しで11番から印の各馬へ。


 『東京11R 第24回NHKマイルカップ GⅠ 芝1600M Aコース 18頭 15:40発走』

 ◎ 7番 グランアレグリア この馬にとって牡馬との2キロの斤量差は願ってもないのではないでしょうか。

 〇 3番 ダノンチェイサー 4番枠というのも絶好、攻め馬の内容も最高。

 ▲ 15番 ヴィッテルスバッハ 出遅れ癖があるのがちょいと割引材料です。但し末脚は脅威です。

 △ 6番 グルーヴィット ダートと芝は1400Mまでしか経験が無いですが勢いのあるレーン騎手とのコンビも魅力です。

 ✕ 10番 カテドラル この馬も前走出遅れがありながら後方からの追い込みで2着。明日の展開的に末脚は怖いですね。

 ★ 14番 ハッピーアワー この馬も追い込みの魅力です。

 ☆ 8番 ヴァルディーゼル 前走は数度の不利を受けながらの8着ですから度外視。シンザン記念の勝ち馬を思い起こすべし・・・
 
画像


 馬券は3連複2頭軸流しで7番と3番から印の各馬へ。3連単フォーメーションで1着7番、2着3番、15番、3着は上記2頭に印の各馬を加えます。


 『当たるも八卦当たらぬも八卦』

 バッチリと当てましょうね!!

【OH様のこれでIPPON】プリンシパルステークス/東京・京都新聞杯/京都・邁進特別/新潟

 ゴールデンウィークも後半戦ですね・・・あたしゃずっと仕事なもんで曜日の感覚もなくなってきましたわ

 土曜日の競馬はダービーへの最終便的なレースが東西で組まれています。

 『新潟11R 邁進特別 4歳上1000万下 ハンデ 芝1000M 直線 Bコース 16頭 15:25発走』

 ◎ 2番ホウオウスクラム

 〇 10番 リンシャンカイホウ

 ▲ 11番 スノードーナツ

 △ 9番 アーヒラ

 ✕ 4番 アンインジュリー
 
画像


 馬券は3連複1頭軸流しで2番から印の各馬へ。


 『京都11R 第67回 京都新聞杯 GⅡ 3歳オープン 芝2200M 外回りCコース 14頭 15:35発走』

 ◎ 7番 タガノディアマンテ

 〇 4番 ブレイキングドーン 

 ▲ 1番 オールイズウェル

 △ 9番 フランクリン

 ✕ 11番トーセンスカイ

 ☆ 13番 ヒーリングマインド
 
画像


 馬券は3連複2頭軸流しで7番と4番から印の各馬へ。

 
 『東京11R プリンシパルステークス (リステッド) 3歳オープン 芝2000M Aコース 15頭 15:45発走』
 尚、1着馬にはダービーへの優先出走権が与えられます。

 ◎ 3番 アトミックフォース

 〇 6番 シークレットラン

 ▲ 5番 ルヴォルグ

 △ 10番 レターオンザサンド

 ✕ 8番 トーセンギムレット
 
画像


 馬券は3連複1頭軸流しで3番から印の各馬へ。

 『当たるも八卦当たらぬも八卦』

 バッチリ当てましょうね・・・

【食傷気味】絶対言わないと決めていた

 時代が変わる瞬間に立ち会えたことは感慨深いものがあります。

 昭和から平成への移り変わりは重苦しい雰囲気が流れましたが平成から令和への移り変わりは何か騒々しいとさえ思えたここ数日です。
 
画像


 テレビを始めありとあらゆるマスメディアではこぞって特集を組んでいました。

 別にそれが悪いとは言わないけれど、ほかにも何かあるんじゃないかな・・・

 それともう一つ。

 『平成最後の・・・』、『令和初の・・・』

 これ言いたくないなぁぁ・・・

 時代は確かに変わったけれど生活面はな~~んにも変わんないし・・・

 消費税が10%になるほうがよっぽど世の中大変だと思うよ・・・

【悲運】望んでこうなったわけじゃない

 南アフリカ共和国の女子陸上選手である、キャスター・セメンヤ選手が男性ホルモンの値が高い女子選手の出場資格を制限する国際陸連の新規定を撤回するよう申し立てた件を棄却する裁定を受けた。
 
画像


 この背景は世界陸上2009」での金メダル獲得後、前回大会の金メダリストで2位のジェネス・ジェプコスゲイ(ケニア)に2秒以上の大差をつけ今季世界最高のタイムで圧勝したことや、筋肉質な体格、低い声などから性別を疑われ、国際陸上競技連盟 (IAAF) は医学的な調査を始めた。そして世界陸上2009の後、セメンヤは非公式に大会への出場の自粛を求められていた。

 これらの通告に対しセメンヤ側は大会へのエントリーを強行し、2010年3月30日に南アフリカ陸連から公式な出場停止処分を受けた。
 
 結果、国際陸連は昨年、男性ホルモンのテストステロンが基準値を上回った女子選手は400メートル~1マイル(約1600メートル)の種目への国際大会出場を制限し、投薬などで値を下げれば出場できるとする新規定を発表した。

 しかし、投薬の影響は強くセメンヤの記録は投薬前のそれとは大きく下回ってしまった。セメンヤとしては自分の肉体的なことは自然の成り行きであり誰にも迷惑をかけているわけではないと主張していた。

 ただし、セメンヤ選手の場合、肉体的な問題は医学的検査の結果子宮と卵巣が無く体内に精巣があり、通常の女性の3倍以上のテストステロン(男性ホルモンの一種)を分泌していることが判明し、両性具有であることが分かったと報じられており、人為的ではないにせよ考えなければいけないことであるとは思います。

 これからもセメンヤ選手のような事例は起こりうる問題だと思います。