【名言】新社会人への方にも聞いてもらいたい言葉です

 今月から始まったNHKの朝の連続テレビ小説『なつぞら』

 今作は広瀬すずがヒロインとなる他、これまでの歴代ヒロインが続々登場するらしいのですがそれは楽しみですね。

 さて、今日の放送回では主人公のなつが柴田泰樹(草刈正雄)に連れられ帯広の闇市へやってくるわけですが、行った先は「菓子屋・雪月」。
 
画像


 なつと泰樹はそのお店で作ったアイスクリームを食べ、泰樹はなつに静かに語り掛けるシーン。

 「それは、おまえが搾った牛乳から生まれたものだ。よく味わえ。ちゃんと働けば、ちゃんといつか報われる日が来る。報われなければ、働き方が悪いか、働かせる者が悪いんだ。そんなとこはとっとと逃げ出しゃいいんだ。だが、一番悪いのは、人が何とかしてくれると思って生きることじゃ。人は人をアテにする者を助けたりはせん。逆に自分の力を信じて働いていれば、きっと誰かが助けてくれるのだ。おまえはこの数日、本当によく働いた。そのアイスクリームは、おまえの力で得たものだ。おまえなら、大丈夫だ。だから、もう無理に笑うことはない。謝ることもない。おまえは堂々としてろ。堂々と、ここで生きろ」

 ドラマを初回から見ている方にはこの言葉の意味がよくわかっていただけると思いますが、ちょうど社会には新入社員の方々が多くいるわけでその方たちには素晴らしく意味のある花向けの言葉だと思います。

 初回から視聴率が好調だというこのドラマ。その数字の勢いは理解できますね・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック