【呪術師】往年の名レスラー集合

 プロレス界で昭和の大スターと言えば、ジャイアント馬場かアントニオ猪木。と誰もが言うでしょう。しかしこの二人を最も苦しめたであろうアブドーラ・ザ・ブッチャーを忘れてはいけません。

 2月19日に開催されたジャイアント馬場没後20年記念の興業が行われ、団体の垣根を越えて多くのレスラーが集まり名勝負を繰り広げた。

 その中でブッチャーの引退セレモニーが行われて当時のライバルであるスタン・ハンセン、ドリー・ファンク・ジュニア、ミル・マスカラス、ドス・カラスなどから花束を贈られていた。
 
画像


 当時、テレビの前で釘付けとなっていたボクにとってはこんなシーンが見られるとは・・・感慨深いものがあります。

 「プロレスはフェイク」という意見も多くあるけれど今のプロレスとは違って昔のレスラーたちは真剣にそのフェイクに勤しんでいたと思います。
 面白かったし、ハラハラしたし・・・

 またあのようなファイトを見たいなぁぁ・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック