【終了】車内販売が終わるらしい

 新幹線や在来線特急の一部で3月15日に車内販売の営業を終了するとJR東日本から発表された。
 
画像


 駅構内の売店や自動販売機の充実により、売り上げが減少傾向になり人手不足も相まって見直しを決めた模様。

 車内販売を終了する新幹線路線は、新青森―新函館北斗駅間の「はやぶさ」や「はやて」、盛岡―秋田駅間の「こまち」、「やまびこ」全区間。在来線特急は「踊り子」や「草津」の全区間などで中止、継続する区間でも16日から取扱品目を大幅に見直す。「はやぶさ」、「はやて」、「こまち」の残りの区間や新幹線「つばさ」、「とき」のほか在来線特急「あずさ」などが対象。弁当や軽食、デザート、土産物の販売は取りやめ、提供品目を飲料や菓子などに絞る。

 駅弁の販売が続くのは北陸新幹線の「かがやき」と「はくたか」のみとなり、在来線特急は全て終了となるそうだ。

 旅の風物詩ともいえる車内販売、なかなか声をかけにくい雰囲気もあるのですが廃止される事実を聞くと寂しい感覚は拭い去れませんね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック