【不正】七つの会議を観てきました

 池井戸潤作品の話題作『七つの会議』を観ました。
 
画像


 原作も読んでいましたから、果たして複雑な描写をどうするのか?2時間の枠の中でストーリーを伝えきれるのか?

 きっとガッカリしちゃうんだろ~~なぁ~~って思ってました。

 
 いやいや、良くまとまっていましたね。

 確かにまとめちゃった感はありますが原作からそう遠くもないし、何よりキャスティングの豪華さもそんな思いを打ち消してくれていたのかもです。

 主演の野村萬斎、脇を固める香川照之、及川光博、橋爪功、鹿賀丈史、世良公則、北大路欣也、立川談春、役所広司、吉田羊・・・まぁ、すごいですね。

 この映画は原作を読んでいなくともしっかりハマれる作品の出来です。

 最近世に多く蔓延る企業の不正。これがなぜに起きるのか、そしてどうして無くならないのか?この映画を観ると良くわかりますよ。

 面白かったです。

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック