【OH様のこれでIPPON】ポルックスステークス/中山・シンザン記念/京都

 東西の金杯は乾杯ではなく完敗でした。わずかに昨年ずっと買い続けていたタニノフランケルが3着で複勝を押さえていた事で救われた気分でしたが・・・

 では気を取り直して。

 『中山11R ポルックスステークス 4歳上オープン ダート1800M 13頭 15:35発走』

 ◎ 6番 テーオーエナジー 前走の師走Sや兵庫CSの勝った時の競馬を見ると圧勝です。そのほかJDダービー5着などを見てもこのオープンクラスなら相当上でしょう。かなり堅い軸と見ます。

 〇 3番 アルクトス 昇級初戦ですがこちらも強い明け4歳馬。先行力と前走で見せた上がり35.5秒の末脚は脅威です。

 ▲ 11番 ザイディックメア 休み明けですが乗り込み量は十分ですし時計面では仕上がってます。

 △ 1番 ホーリープレイズ 連勝でオープン入りしてきました。その勢いは見逃せないです。1番枠を上手く活かすことができれば。

 ✕ 8番 クルーガー 攻め馬の出来だけは良いです。あとはダートに慣れるかですね。
 
画像
 

 馬券は3連単1頭軸で、6番から印の各馬へ。


 『京都11R 第53回日刊スポーツ賞シンザン記念 GⅢ 3歳オープン 芝1600M 外回りAコース 12頭 15:45発走』

 ジェンティルドンナやアーモンドアイが勝ったレースですから狙いがそっち方面に行きそうですが・・・

 ◎ 5番 アントリューズ 上がりの確かな脚質は連軸に最適かと思いますし、トレンドとなっているロードカナロア産駒です。

 〇 10番 ミッキーブリランテ 前走の未勝利戦では終いの動きがレベルの違いを見せていました。攻め馬の時計がイマイチですが若い坂井騎手の思い切りのいい騎乗を期待します。

 ▲ 9番 パッシングスルー 前走はデビュー戦を快勝しました。 一息入れましたがこれが関西への輸送に対しては良かったのではないでしょうか。

 △ 6番 ドナウデルタ デイリー杯は5着と案外でしたが今週の攻め馬ではそれを払拭できるような活気を感じました。

 ✕ 2番 ヴァルディゼール 前走のデビュー戦を快勝し、さらに状態は上がっています。ひょっとしたらまとめて負かすくらいの器かも・・・
 
画像


 馬券は3連単1頭軸流しで5番から印の各馬へ。

 来週は3日間開催ですからなるべく資金を貯めたいね・・・

 『当たるも八卦当たらぬも八卦』

 ハァ~~ビバビバ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック