【OH様のこれでIPPON】中山金杯/中山・京都金杯/京都

 競馬ファンの皆さ~~ん、2019年の競馬始まりまっせ~~~!!

 まずは金杯で乾杯しましょうぜ~~ぃ

 今年のこのコラムタイトルを『OH様のこれでIPPON』としました。

 予想の目は今まで通りではありますが買い目を絞ろうと思います。

 まぁ、回収率を上げていきたいですね。

 ではまず第一弾は中山からスタートです!

 『中山11R 第68回日刊スポーツ賞中山金杯 GⅢ 4歳上オープン ハンデ 芝2000M 内回りCコース 16頭 15:35発走』

 ◎ 8番 マウントゴールド レース展開からすると番手マークでしょう。上がりの脚も持ってますし56キロのハンデなら楽にこなせますね。

 〇 1番 タニノフランケル おそらく1番枠ですし逃げる形になるでしょう。53キロですし残ることも十分考えられますよ。

 ▲ 3番 コズミックフォース 京成杯2着もありますし、ダービー3着は伊達じゃないでしょう。

 △ 4番 ランガディア 上がり馬ですが今最も好調ではないでしょうか・・・今年成長する期待が大きい馬ですね。

 ✕ 15番 ステイフーリッシュ 京都新聞杯で勝ったようにこのくらいの距離で持ち味を出せる馬です。外枠の分割り引きました。

 ☆ 12番 タイムフライヤー 一昨年のホープフルSでは豪快に差し切ってGⅠ馬に輝いたのですがその後はイマイチです。しかし今回の攻め馬は上々の動きです。
 
画像


 馬券は3連単で1着に8番、2着は1番、3番、4番を、3着は1番、3番、4番、15番、12番と1着と2着を入れ替えたパターンの2種類フォーメーションで攻めます。計24点。


 『京都11R 第57回スポニチ賞京都金杯 GⅢ 4歳上オープン ハンデ 芝1600M 外回りAコース 17頭 15:45発走』

 ◎ 3番 カツジ 明けて4歳になりましたが4歳馬最強世代は今年も続きます。前走のマイルCS4着は実力通り評価しましょう。

 〇 2番 サラキア こちらも4歳。ローズS2着、秋華賞4着はこのメンバーでも堂々の成績加えて53キロのハンデは願ったりかと・・・

 ▲ 12番 パスクアメリカーナ これまた4歳馬。リゲルSで勝っての状態は更にアップしているとみます。

 △ 15番 マイスタイル 外枠に入ったのは少々不利でしたかね。外回りですからスッと前を奪えればいいですが内側から何かが競ってくると厳しい展開になるかもですね。

 ✕ 8番 ヒーズインラブ 出遅れ癖が出ないことを祈ります。このメンバーくらいになるとデメリット以外の何物でもないでしょう・・・
 
画像
 

 馬券は3連単フォーメーションで1着に3番、2着に2番と12番を3着に2番、12番、15番、8番と1着、2着を入れ替えたパターンの2種類で12点で勝負。

 さて今年の買い目の方法で上手く行くかな~~~

 『当たるも八卦当たらぬも八卦』

 ハァ~~ビバビバ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック