【閉店】また一つ北海道から老舗が消える

 JR函館駅前の百貨店「棒二森屋」が31日、閉店し、開業から82年、前身を含めると150年の歴史に幕を下ろしました。

 
画像


 150年の歴史ですよ。閉店するには想像できない葛藤があったでしょうね。

 当然ながら反対の声の方が多かったでしょうね。店側はもちろん、消費者からも存続の声が上がったでしょう。

 北海道では各地のデパートが相次いで閉店しています。北海道では最大のデパート丸井今井も続々閉店してます。

 なんか、こんなニュースを聞くと故郷がますますしぼんでいくのが実感してしまいます。

 しかし、デパートは全国的に見ても客の入りが悪いですよね。横浜の高島屋やそごうの店内も地下の食品売り場以外はまばらな人ですもんね。

 たしかに良いものを揃えていると言うけれど、今の時代そんなにオーダーメードやコストの高いものを求めてはいないですよね。

 やっぱ、大型ショップモールやアウトレットモールの方が良いよねぇぇ・・・

 デパート業界、なんとせんばいかんな...

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック