【足踏状態】進まない耐震化、進められない耐震化

 東京11R都内の全区、全市町村は首都直下地震が起きた際に建物の倒壊などによる死者は想定7000人近くと見ているそうだ。
 

 東日本大震災以降耐震化を進める自治体が多い中、都内で耐震化ガ9割を超えているのは江戸川区、中央区、新宿区、三鷹市だけらしい。葛飾区がほぼ9割に近い数字であるが首都直下地震を警鐘する自治体としてはなんとも寂しい結果だ。

 なかなか思うような結果が出ない背景には国、都道府県からの補助金もあるが個々の自己負担が大いに影響するわけです。

 自己負担が思うようにいかない理由・・・それは高齢化社会。

 ボクの住むマンションも耐震化を協議して数年経ちます。マンションには大規模修繕を数年ごとに行うことがある程度義務つけられているのですが、耐震化をそこで行うにはやはり予算が相当かさみます。
 入居者の年齢も徐々に高くなりそして少しずつ入居者が減っていく負のスパイラル状態。

 進めらえない原因はそんなところにもあったわけです。

 しかし災害は待ったなしでやってくる。そして建物に被害が及べばそこには住めなくなりますから予防策を講じないといけないわけで・・・

 なかなかこの問題は深刻なんです...

 
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック