【OH様のこれでIPPON】ニューイヤーステークス/中山・日経新春杯/京都

 東京では今シーズンの初雪を観測した土曜日でした。いよいよ冬の本格化ですね。

 日経新春杯と言えばテンポイントが淀のコースに散った日です。あの日は確か寒い日で雪も舞っていたかと・・・

 お馬さんも寒い日は気を付けないとね・・・

 『中山11R ニューイヤーステークス L 4歳上オープン 芝1600M 外回りCコース 14頭 15:35発走』

 ◎ 7番 ドーヴァー 前走を勝ち上がってオープンに昇級ですが状態はまだまだ上がってきていると思います。攻め馬を見ると信頼感は増しますね。

 〇 3番 サーブルオール 成績の安定感、内枠の有利さ、休み明け2走目など、推せる条件が揃っていますね。

 ▲ 12番 キャプテンベリー 中山芝1600Mは得意です。ただ外目の枠がやや不安。

 △ 9番 テオドール ダービー卿CT4着もありますが去勢放牧で6か月の休み明け・・・仕上がりは良さそうですが・・・

 ✕ 2番 ウインファビラス 前残りがあるとすればこの馬かな・・・と言う感じです。
 
画像


 馬券は3連単フォーメーションで7番を1着固定、2着は3番、12番、3着は3番、12番、9番、2番の6点です。


 『京都11R 第66回 日経新春杯 GⅡ 4歳上オープン ハンデ 芝2400M 外回りAコース 16頭 15:45発走』

 ◎ 16番 ムイトオブリガード この距離のスペシャリストにもなり得る存在かと思います。このコースなら外枠もそう不利ではないはず。

 〇 5番 シュペルミエール 今週の攻め馬が非常に良かったです。19か月の休み明けの成績がすこぶる良いのは脚元の不安が一掃できたのかと思います。

 ▲ 2番 グローリーヴェイズ 4歳馬が強さを発揮できるこのレースですが今年のメンバーではやや小粒と思っています。その中でも菊花賞で5着だったこの馬にはチャンスがあるかと思います。

 △ 12番 メイショウテッコン 菊花賞は距離が長すぎたのかもです。この馬の積極性がもし発揮出来たらこのメンバーの中でアッと言わせるかも・・・

 ✕ 4番 アフリカンゴールド 菊花賞後じっくり乗り込んだようです。今週のウッドコースでの攻め馬はそんなに悪いとは思えません。

 ☆ 7番 ガンコ 昨年のこのレースで3着の後はんっけ衣裳まで勝つ勢いがありました。リピーターレースとなる可能性は充分にあると思います。
 
画像

 
 馬券は3連単フォーメーションで1着に16番と5番、2着には16番、5番、2番、12番、3着は上記5頭に7番を加えた22点で。

 『当たるも八卦当たらぬも八卦』

 ハァ~~ビバビバ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック