【有終】やっぱり3歳馬

 今日、大井競馬場で行われた『第64回東京大賞典』は3番人気のオメガバフュームが中団待機から直線一気に伸び1番人気のゴールドドリームを抑え待望のGⅠタイトルを獲得しました。
画像

 鞍上のMデムーロ騎手は前日のJRAでのGⅠホープフルステークスに続き二日連続のGⅠジョッキーに輝きました。

 ここでも今年のトレンドとも言える『強い3歳馬』と『外人ジョッキー』で決まりました。

 それにしても毎年新世代が活躍すると言うのは生産者、厩舎の技術向上の賜物なんだと思うわけで、近い日に凱旋門賞で日本馬が頂点に立つことを予感させる訳ですね。

 あえて苦言を呈するならば、中央・地方競馬交流のレースでJRA馬が圧倒する事が殆どなのですが、ここは地方所属馬の奮闘を期待せずにはいられません。それが日本の競馬の更なる底上げと思っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック