【違和感】史実とちょっと違うんじゃなかと?

 昨日最終回を迎えた大河ドラマの『西郷どん』
 
画像


 今年の大河は今までにない手法を用いたりしてきたのですが、ストーリーが今まで見てきた幕末の物語とは少し違うのには違和感を感じずにはいられなかった。

 特に最後の数回はそれを強く感じたのはボクだけだろうか。

 坂本龍馬の表現や勝海舟、天璋院篤姫も今まで大河で何度も登場してきたが今までで一番違和感を覚えました。

 西郷さんの奥方である、いとさんが西南戦争のさなか、野戦病院にいる西郷達に会いに行くのも不自然、というかあり得ないんじゃないかな・・・(史実だったらボクが無知なんですけど)

 最後のシーンでも西郷さんは行き場に限界を感じて自決するものとばかり思っていたけど、まさかの暴走で被弾の最期ですか・・・

 回想シーンでも徳川慶喜が言い放った『オレみたいに逃げりゃよかったんだ!!』は絶対に言わなかったとボクは思う。

 まぁ、歴史ものなその時代に生きているわけではないのでどう表現して、どう受け取るのかは勝手なんでしょうけどね。

 視聴率が幕末物にしては伸びなかったというのも理解できるのです。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック