【永遠】ボヘミアンラプソディを観てきました

 今から45年前くらいになりますかね・・・

 ある曲を聴いたときの衝撃が忘れられないんですよ。

 その曲名は『キラークィーン』

 中学1年のボクには洋楽と言えばビートルズ、カーペンターズが主流だったのに、この曲で一変した記憶が残ってます。
 激しいロックなのにヴォーカルはなんか中性的だし。サウンドも今までにないものでした。

 そしてなんと言ってもボヘミアンラプソディのセンセーショナルなサウンドには驚いたもんです。

 ボクと同じ世代の方々ならこの感覚わかるんじゃないかな・・・

 
 話題の映画『ボヘミアンラプソディ』を観ました。
 
画像


 キャスティングは4人のメンバーの個性を十分に表現していたと思います。

 そして、フレディの華の部分と闇の部分を上手く表現していました。

 内容はこのくらいにしておかないとこれから観る方の楽しみが無くなっちゃいますね・・・

 一つアドバイスをするとしたら・・・シアターは普通の大きさでももちろん良いのですが、IMAXなどの高画質、高音質を選んだ方が絶対に良いです。
 特に後半のライブエイドのシーンでこの差ははっきり出ると思いますよ...

 感動で泣いている人もいましたけど、あの迫力を全身で感じたらそうなっちゃいますよ・・・

 ボク?

 涙こそは出なかった・・・(我慢した)けど、鳥肌もんでした。

 数々の映画を今年も観ましたが、うん!!これが一番かな!!

 是非、ご覧になって下さい!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック