【快挙】甲子園出場無しで初優勝

 来年の選抜高校野球への参考になる大会が『第49回明治神宮野球大会』

 高校の部では初出場の札幌大谷高校が初優勝しました。これで来春のセンバツには明治神宮枠として北海道に1校分与えられて札幌大谷高校ともう1校の2校が出場することが決定しました。
 
画像


 今回の優勝は田中将大を擁した2005年の駒大苫小牧以来2校目の優勝です。さらにすごいのはこの札幌大谷高校は甲子園に未出場の高校だということ。いわば全国大会も初めての経験であれよあれよの優勝です。

 戦ってきた相手も龍谷大平安高校(京都)、国士舘高校(東京)、筑陽学園(福岡)、星稜高校(石川)とどれも強豪ばかり。それらの高校相手に安定した投手陣を中心に打ち勝ってきたのだから見事なものです。

 高校野球が好きな方にはわかると思いますがこの結果は快挙と言えるのですよ。

 早くも来春のセンバツが待ち遠しい道産子なのです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック