【飲酒操縦】これじゃ命預けられるかって・・・

 日本航空は1日、日本人の男性副操縦士(42)がロンドン発羽田行きの便に乗務する直前、英国の法令で定める基準値の10倍を超えるアルコールを検出したとして、現地警察に逮捕されたと発表した。
 
画像


 副操縦士は10月28日午後7時(現地時間)ロンドン・ヒースロー空港発の日航44便に機長2人と乗務予定だったが、乗員を搭乗機などに送迎するバスの中で運転手が酒の臭いに気づき空港担当者に連絡。通報を受けた警察官がその場で呼気検査をしたところ、運輸の安全に関する法令が定める基準値の約10倍の呼気1リットル当たり0・93ミリ・グラムのアルコールが検出されたとして、同日夜に逮捕された。

 これってどんだけ飲めばっていうと、330ミリ缶ビール3本、赤ワインのボトル1本、440ミリの小瓶ビール3本とロゼワインボトル1本だそうです。

 酒気帯び運転がどんだけの犯罪か知っているなら、何百人も乗客を乗せる飛行機の操縦をさせる会社ってあり得ないだろ・・・

 あんたたちに命を預けられるかよ。これだから飛行機に乗りたくないんだよ・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック