【逆襲】ベイスターズさん9月はちょっと頑張った

 セントラルリーグは圧倒的な総合力の差でカープが3連覇を果たしました。セ・リーグの3連覇はジャイアンツの9連覇以来初めてですから偉業だといえますね。

 そしていまだに続く熾烈なAクラス争い。一時は2位から6位までの差がほとんどなかったのですがここにきてスワローズの2位はほぼ確定的。残る3位の争いをジャイアンツと我がベイスターズさん、そしてやや劣勢にはなりましたがタイガースの3チームにチャンスがあります。

 さて、9月のベイスターズさんは今年のリーグ戦の中でようやく安定したチームになったようです。9月は13勝9敗で終えました。難しい場面をよく耐えたゲームを勝ち切りましたから、粘り腰は出たと思います。

 しかし、相変わらず先発投手の不安定さは続いています。

 目立ったのは大和の打撃がアップしたこと。そしてソトの打棒が大覚醒したこと。一気にホームランキング争いのダークホースになりましたね。

 38本の筒香、ソト、28本の宮﨑、26本のロペスがいてどうしてこの位置なんでしょうね。

 投手陣では東の10勝はお見事としか言いようがありません。新人王は確定ですね。

 その他の10勝カルテットは相変わらずですが、平良、京山がなんとか繋いでくれて中継ぎのエスコバー、三嶋、藤岡、砂田は本当によく頑張っていると思います。クローザーのパットンも山﨑もようやく調子を安定させてきたように思えます。

 この時期になると寂しい話題も出てきます。ゴメス、加賀は引退を発表、荒波、須田、田中(浩)の戦力外も発表されました。来期は新陳代謝が活発になりそうですね・・・

 さぁ、Aクラスになって2年後の開幕もハマスタで行いましょう。(あえて、CSの事は言いません。今年はこの成績で、このチーム力で勝ち上がるのはどうかと思いますからね)

 
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック