【札幌五輪断念】優先すべきもの

 札幌市の町田隆敏副市長と日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は17日、ローザンヌで国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長と面会し、2026年冬季五輪・パラリンピックの招致に立候補しないことで合意したという。
 
画像


 6日未明に起きた胆振東部地震により甚大な被害を受けた事による復興を最優先にすることを理由として挙げたそうです。

 もちろんそれは最優先事項なのですが北海道の今の経済事情とか五輪を受け入れる体力があるのかと言うとそれはおそらく難しい課題だと思う。

 北海道新幹線が札幌まで延伸するのも2030年と言うことを考えればそれ以降でもかまわないと思うけど・・・
 しかし2030年の承知は諦めていないという・・・

 おそらく1972年の札幌オリンピックの時とは承知する意味合いが大きく違うんです。あの時はこれから街を大きくするために必要な事だったし、札幌は100万都市になったばかりで勢いがあったときです。

 北海道は思う以上に疲弊しているんですよ・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック