【大危機】ベイスターズ6月の戦いを終えて

 一言で言えば、我がベイスターズは「ラミレス政権下での最大のピンチを迎えている」とボクは思っています。
 
画像


 6月は交流戦の2カード目ホークス戦を福岡で戦いました。ベイは前節のイーグルス戦を雨で1試合は流しましたが2連勝で、ホークスも3連勝で共に迎えました。
 しかし、ここでベイは追い詰めながらも捕らえることが出来ず3連敗を喫し、続くホームでのライオンズ戦も2連敗で6月は5連敗スタートという最悪の結果でした。が、やはり相性の良くなかったファイターズ戦は3タテを食らわす反撃を見せここで波に乗るかと思われました。

 続くビジターの2カードは共にマリーンズ戦、バファローズ戦を1勝2敗と勝ち越せませんでした。

 更にバファローズ戦は筒香を故障で欠くまたまたトラブル発生。どこまで続くんだ・・・

 雨で流れたライオンズ戦、イーグルス戦を連勝すれば交流戦の成績は5割で終えることができたのに最終戦のイーグル戦を全く成す術もなく敗れ8勝10敗の負け越しで終えました。が、故障者続出の中で考えればまずまずの交流戦と思わざるを得ませんでした。

 リーグ戦再開の最初はドラゴンズ戦。これは相性が良いだけに勝ち越しは絶対したかったのですが・・・やはり波に乗れませんでしたね・・・
 続くタイガース戦もホームで3連敗というあってはならない成績。続くカープ戦を勝ち越しはしましたが・・・

 またもや復帰したと思ったばかりのロペス選手に異常発生!!月は変わりましたが7月1日のカープ戦では濱口が4連続押し出し四球という前代未聞の失態を見せ、加賀も火だるま。1-15という大敗を喫してしまったのは最悪なチーム状態の現状を認識させられてしまいました。

 今のチーム状態はなにか一本の芯が無いと思います。攻めるにしてもバントをしないならしないなりの攻め方があると思うのですが、進塁打を狙うわけでもないしただ無意味にアウトカウントを献上しているように思えるんですね・・・

 投手起用も、昨年は先発を引っ張ることでゲームを壊さなかったと思ったのですが今年は早めに先発を降ろすので相手はそれまで攻略に難儀していたのにリセットさせてゲーム展開を返されること少なくなかったはずです。

 なにかチグハグ感が否めないですよね。


 それと・・・
 特別ユニフォームを着用するようなイベントカードの時、勝率がものすごく悪いんですよね・・・
 これ、数か月前からファンにはユニフォームとかグッズの購買意欲を掻き立てる戦術を取りますけど・・・
 いざ、そのイベント時に勝たなかったらシラケっちゃいますよね。
 選手は一生懸命戦っての結果だとは思いますが2桁失点のゲームが1週間に2回も有っちゃダメですよ。

 これ申し訳ないけどファンに対しての裏切りですよ。

 2位から6位までが3ゲーム程度の混戦状態ですから連勝連敗で順位はどうにでもなりそうですがベンチワークも含め見直しが必要だと感じています。
 少なくとも今のラミちゃんは少し采配に戸惑いが見えていますし、少々見失っているような気もするんですね。

 ボクはラミちゃんが好きなので継続してほしいと思ってますが「今年限り?」っていう不安もよぎってきています。いや、借金が10をもし超えたら・・・

 最悪なことが起こるのかな?そんなことも考え始めたりする今日この頃・・・

 まずは5割に早く戻しましょう!!

 『絶対勝つぞ、ベイスターズ!!』

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック