【迷走中】ベイスターズ5月の戦い終了しました

 厳しい戦いが続くと予感した5月。

 その予感は的中しました。4月最後のドラゴンズ戦を落としてから続くタイガース戦を2連敗、そしてジャイアンツ戦の初戦は石田健大と菅野の息の抜けない投手戦でスコアレスドローとしたゲームを挟み次のゲームも落とし4連敗で5月はスタートしました。
 
画像


 その後もスワローズ戦に1勝2敗で負け越し苦しい戦いが続きました。

 やや上向いてきたかと思われてきたのが続く甲子園、東京ドームでのビジター6連戦共に初戦を落としながらも2勝ずつ上げ勝ち越しを2カード続けることができたことは良かったと思います。しかもこの中では東和樹がタイガース戦で初めて完封勝利を挙げるといううれしいニュースもありましたし、東京ドームでの3連戦で筒香のバットにようやくあたりが戻ってきたことは何をさておいてうれしいニュースでした。

 続くドラゴンズ戦は雨で中止が1試合ありましたが1勝1敗で乗り切りましたがその1敗は山井に完封負けを喫したことはショックな負け方でしたね。

 神宮に移りここまで分が悪いスワローズ戦。初戦は14点を挙げマシンガン打線がいよいよかと思いきや続く2試合を落とすというここでまたブレーキがかかって大の苦手な交流戦へ突入します。

 まずはイーグルス戦でスタートしましたが初戦は前半は膠着した内容でしたが後半一気に猛攻をかけ9点を奪い初戦を白星でスタートしました。
 そして・・・

 雨で1日の休みができましたが今日のゲームはイーグルスの岸に見事なピッチングをされわずかに宮崎の2ランホームランがあったものの、チャンスが作れないまま1点リードされ9回も2アウト。絶体絶命の状態でしたが筒香嘉智の起死回生の同点ホームランで延長戦へ。

 10回は桑原将志の2ベースヒットが出たところでバッターボックスにはこの日倉本寿彦に変わって1軍へ昇格をした山下幸輝。
 正直、今まで満足に活躍した場面を見たこともないしヒットを打ったとこも記憶にない選手でしたから、「なんでこの場面で回ってくるんだよ」と思いました。
 初球、2球目と全く速球にバットが合ってなかったですからね・・・

 しかし・・・3球目バットに当たった打球はライトの頭を大きく超えフェンスに当たるヒットで今季初のサヨナラ勝ちで5月は10勝10敗2分けで貯金は4月と同じく2で首位カープに3.5ゲーム差の2位です。

 何とか、ホントなんとか乗り切った感じですよ。

 でも不安材料は挙げればきりがないですよ・・・

 一昨日のゲームで途中退場したロペスの太ももの状態。

 倉本寿彦、乙坂智、荒波翔をファームへ落として昇格した山下幸輝、佐野恵太、楠本泰史のレベル。山下は今日結果を出しましたがそれでも1試合ですからまだまだ信頼性は得ていません。佐野、楠本は今季二人合わせても25打数ノーヒットです。今日も二人そろって代打で登場しましたが何の工夫すら感じない初球凡打です。
 正直、ラミレス監督がこの二人を重用する意味が未だに分かりません。

 投手陣も先発陣では石田健大の状態がひどいですね。毎回反省点が一緒なのが見ていて歯がゆすぎます。濱口遥大も少しずつ良くはなってきていますがまずは7回くらいをまとめてほしいですね。飯塚悟史は不運な投球内容と言われていますが確かに彼の投げるゲームでは打線が点を取れていませんね。でも彼も失点してしまうから負けるんです。そこにメンタルの弱さがあるのだと厳しい言い方にはなりますが極論はそうだと思います。

 明日復活をかけ登板する今永昇太。今年は自信を完全に失っていましたからゲンの良い福岡で良いピッチングをしてほしいですね。

 セットアッパー陣はよく頑張っているんです。特にエスコバーと三嶋一輝。二人とも150キロ以上の速球で強気な勝負ができるのが強みですね。三嶋は昨年まで気の弱さが暴露してしまうところが多かったのですが今年は見ていても安心できます。

 三上朋也は相変わらず投げてみないとわかりませんね。でも今年は今のところよく頑張ってピンチを防いでいると思います。

 パットンが外人枠の問題でファーム落ちしていますがさて上がってこれますかね・・・ピッチングが荒れていたので状態を上げてきたときに戻れる枠があると良いのですが・・・

 山崎康晃は今年は良いんじゃないでしょうか。ただ相変わらずランナーを背負わないと本気出しませんけどね・・・
 
 さぁ、明日からは交流戦が本格化してきますね。苦手なホークス、ライオンズ、ファイターズ戦が続きます。4勝から5勝を挙げることができれば良いと思う方も多いと思いますが、ライオンズ戦がミソですね。天気の問題も出てきますけどあの強力打線をハマスタでどれだけ抑えることができるかだと思います。

 6月も精一杯応援しましょうね。
 『絶対勝つぞ!ベイスターズ!!』

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック