【OH様の馬券道場】日本ダービー/東京・目黒記念/東京・安土城ステークス/京都

 さぁ、いよいよダービーデーです。

 お祭り騒ぎと行きたいですね。でもしっかりと冷静に検討して馬券を、レースを楽しみたいと思います。

 レーススケジュールがいつもと違いますので、発走時間とレース番号の書き間違えの無い様に気を付けましょうね。

 では明日の予想は少し拡大ヴァージョンで。

 『東京8R WIN5-① 青嵐賞 4歳上1000万下 芝2400M Cコース 14頭 14:10発走』

 ここは14番のコスモジャーベを本命に。前走も陣馬特別で2分25秒2をマークしました。上がりも34秒6でしたので勝負できると思います。

 攻め馬の時計が秀逸だった10番のイチダイを対抗にして4番のムイトオブリガードを3番手にします。
 
 以下、9番のサンデームーティエ、13番のジャーミネイトまで。
 
画像

 
 馬券は馬連で14番と10番から印の各馬へのフォーメーションです。


 『京都9R WIN5-② 東大路ステークス 4歳上1600万下 ダート1800M 16頭 14:30発走』

 10番のロードアルペジオを本命。2走前の1000万下で1分52秒4で勝ちました。前走は昇級戦を東京の2100Mを使いましたが7着でした。ここは少々距離が長かったと思えますがクラス慣れもしたところで上がり36秒台を出せますから先行してのレースに期待します。

 14番のテルペリオンを対抗、11番のキクノルアを3番手、以下12番のナムラヘラクレス、13番のフォンターナリーリ、5番のシロニイまで。
 
画像


 馬券は馬連で10番と14番から印の各馬へのフォーメーションです。


 『東京9R WIN5-③ むらさき賞 4歳上1600万下 ハンデ 芝1800M Cコース 15頭 14:50発走』

 15番のエンジニアを本命。外枠ではありますが先行出来ますし上がりが33秒台を確実にマークできますからあた目で狙います。

 9番のアップクォークを対抗、8番のコーカスを3番手、以下4番のハギノアレス、12番のプロフェットまで。
 
画像


 馬券は馬連で15番と9番から印の各馬へのフォーメーションです。


 『京都10R WIN5-④ 安土城ステークス 4歳上オープン ハンデ 芝1400M 外回りDコース 17頭 15:15発走』

 本命は1番のモズアスコット。このメンバーでは重賞の常連組ですし、今週の攻め馬を見る限りでは不安なしだと思います。

 対抗は15番のカラクレナイ。こちらは重賞では足らないけどオープン特別なら・・・的なタイプだと思います。攻め馬の内容も良かったですから2番手評価します。

 単穴は6番のコウエイタケル。以下、9番のミスエルテ、2番のダイメイフジ、5番のタガノブルグまで。
 
画像


 馬券は馬単で1番から印の各馬への流しです。


 『東京10R WIN5-⑤ 第85回 日本ダービー(東京優駿) GⅠ 3歳オープン 芝2400M Cコース 18頭 15:40発走』

 例年のダービーとは違った傾向になっているのが今年のダービーです。皐月賞に出ていない馬が1~2番人気という今まで見たことがない事態になっていますね。要はこれをどう考えるのか・・・です。

 では・・・

 本命は8番のブラストワンピースとします。毎日杯の勝ち馬がダービー馬になったことはあっても毎日杯以来の馬はダービー馬にはなっていません。
 しかし、この馬はあえてこのローテを選んでいます。それはアーモンドアイの桜花賞でのローテと同じ考えでしょうね。(違うか?・・・笑)
 この馬の今までの過程を見ると確かにダービーを意識した使い方です。
 新馬での東京芝1800Mでは全く後続を寄せ付けない強さを見せての勝ち。2戦目のゆりかもめ賞では東京の2400Mを経験して直線前が詰まりながらも割って出る勝負根性を見せたり、他馬と当たってもひるまない強さがあったりと収穫は多かったと思います。そして前走の毎日杯では先行してギアを更に上げて突き放すスタイルを見せてくれました。

 これだけのパフォーマンスを見せればトライアルを使うことなくても経験値はあると思えますし520キロ台の大型馬ですからダービーの大舞台ではこのくらいの迫力で強い勝ち方を見せてもらえると信じています。

 対抗は1番のダノンプレミアム。パフォーマンスではブラストワンピースを超えるものがあるとは思いますが皐月賞を使えなかった点はマイナス要素だと思います。それでもこの世代では強さは群を抜いていると思いますから外すことはできないと思います。
 攻め馬での動きも迫力ありましたし今の時点では連は外さないと思います。

 単穴は5番のキタノコマンドール。皐月賞は展開が向かなかったとは思いますがそれは騎手の判断が悪かったのだと思いました。当日の天候を考えたらあの位置取りで直線だけの競馬で勝てるような状態ではなかったのですから・・・
 でも府中であれば届くとは思いますが5番枠ですから皐月賞の時よりは前に付けるはずですので追い出すタイミングだと思います。先週のアーモンドアイのような競馬をすることができればチャンスは拡大すると思います。

 以下、皐月賞馬の12番エポカドーロを△にしました。この馬は府中の2400Mでも通用はするはずですから当初は対抗くらいの位置で考えていましたが今週の攻め馬は・・・評価できなかったですね。

 16番のジェネラーレウーノを5番手。前走の3着は凄くがんばったと思います。先行勢は相当厳しい流れだったにもかかわらず粘り込んだのはスピードとスタミナの絶対値が高いのだと思います。16番枠は良い枠ではありませんが先行する脚質なのでそこは見逃せると思います。

 6番のゴーフォザサミットを6番手とします。このメンバーでは少し足りないかもしれませんが正直、蛯名正義の悲願に票を投じます。
 
画像

 
 馬券は馬連、馬単共に8番から印の各馬への流し、3連複は8番と1番の2頭軸から印の各馬への流し、3連単は1着に8番、2着に1番から印の各馬への流しとします。


 『東京12R 第132回 目黒記念 GⅡ 4歳上オープン ハンデ 芝2500M Cコース 16頭 17:00発走』

 本命は4番のノーブルマーズ。前走のメトロポリタンSでは4コーナー2番手から34秒1でまとめて2着は立派な内容じゃないですか?しかも今週の攻め馬が良かったのでここから入ってみます。

 対抗は10番のチェスナットコート。天皇賞5着で本格化したと判断しても良いのではないでしょうか。このメンバーなら圧勝してもおかしくないのですが・・・

 単穴は9番のブライトバローズ。7か月半の休養明けは気になりますが攻め馬の内容は悪くはなかったですね。ハンデも手ごろですから押さえておきたいですね。

 以下、8番のパフォーマプロミス、5番のサウンドオブアース、3番のウインテンダネスまで。 
 
画像


 馬券は馬連で4番と10番から印の各馬へのフォーメーションです。

 さぁ、天気も問題ないでしょう.
 素晴らしいレースを期待しましょうね。

 『当たるも八卦当たらぬも八卦』
 グッドラック!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック