【二冠達成】樫の女王もアーモンドアイ!!

 今日、東京競馬場で行われた『第79回オークス(優駿牝馬)GⅠ 芝2400M Bコース 18頭 15:40発走』は良馬場のコンディションでスタートし、1番人気の13番アーモンドアイが2分23秒8の好タイムで勝ち、桜花賞に続いての牝馬2冠を達成しました。

 スタートは抜群の反応で、今日は1コーナーを回る時には外目に位置取り6~7番手くらいと予想よりも前目に付けます。道中はラッキーライラックを常に目の前に置いて前半1000M59秒6の速い展開の流れにうまく乗った感じのレース振り。

 4コーナーを回り直線に張ってからも堂々たる走りで前のグループを楽々抜き去り粘る1番のリリーノーブルをかわすともう一段ギアを上げたような走りを見せ、上がり33秒2の豪脚を見せつけました。
 
画像


 2着は4番人気の1番リリーノーブル。今週の攻め馬では素晴らしい好時計をマークしていましたから2強の1角崩しもあるだろうと思っていました。やはり道中常に先行していただけに追い込むアーモンドアイとは併せ馬にはできませんでした。一気に交わされましたが粘り腰は見せてくれました。

 一騎打ちと予想していただけにラッキーライラックの最後の脚は残念でした。最後は追ってもバタついているように見えましたから距離の壁があったのかもしれませんね。おそらく2000M位の距離が良いのではないでしょうか。

 3番人気の8番サトノワルキューレは6着でした。ボクも印を付けましたがおそらくこの馬は着を拾えないと思っていました。関西馬に2度の輸送競馬はキツいと思いますよ・・・

 結局今年も桜花賞組が上位を占めましたからその傾向は強いと思います。

 さぁ、来週はいよいよダービーです。もうワクワクが止まりませんね。
 今日のオークスのレースを見ると色々とヒントが隠されているような気がします。
 今週1週間は仕事になりませんな・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック