【弱小軍団】かみ合わないねぇぇ( ;∀;)

 我がベイスターズは念願の本拠地開幕を迎え2カード連続5試合をホームで戦いました。

 キャンプからオープン戦は理想的な流れだったはずなんですが・・・

 オープン戦終盤になって昨年10勝を挙げた今永、ウィーランド、濱口が相次いで離脱。

 打線もイマイチ乗っていないように思えた・・・

 まぁ、開幕に合わせて上げてくるだろう・・・そう思ってましたが。


 開幕戦。
 相手は昨年圧倒的に有利な対戦成績で再開だったスワローズ。
 開幕戦の先発は2年連続の石田健太。

 どうにも制球が定まらず打ち込まれる。
 援護しなきゃならない打線はそこそこ打つも捕まえきれず苦杯を喫する。

 2戦目、先発は新外国人投手のバリオス。ホークスにも在籍したことがありますが昨年は独立リーグに所属しており計算はできる投手と踏んでいたが、球速はない、ピッチングの組み立ては悪いはで序盤で球数が増えバテバテ。
 正直今後の使い方難しい投手ですね・・・

 3戦目、2年目の19歳の京山 将弥。思い切りのいい投球でグイグイ責めました。打線も早めの援護で新人の神里の活躍で初勝利をつかみました。
 2カード目はタイガース戦。
 昨日は飯塚 悟史が先発しましたが、6回を投げ2失点と試合を作るんですがやはり打線の援護がなかったですね。この日もルーキーの神里がタイムリーを放ち得点するも続きませんでした。昨年勝ち運に見放されたタイガースの先発小野は素晴らしいピッチングでしたから止む無しと思うしかなかったですね。

 そして今日のゲームも先発のルーキー、東 克樹が素晴らしいピッチングを見せてくれました。が、要所要所で打たれて7回1失点で降板。2番手の砂田 毅樹がカウントを作れず苦しいピッチングでした。結果的にはここで1失点されたのが精神的に大きく響いたかと思います。

 それに増して打線の不振が際立ちましたね。確かにタイガースの先発メッセンジャーは素晴らしいピッチングでした8回を100球に満たない省エネピッチングで好きなように投げられましたね。筒香が初めて2安打を打ちましたが続きませんしその前も打てないようではベイスターズらしい攻撃は鳴りを潜めます。

 今日は昨季どんなことが有っても1番を外さなかった桑原将志を先発から外す決断をしました。ルーキーの楠本 泰史を代わりに据えましたがここまでノーヒットの選手です。結果はやはり打てずでした・・・

 ボク的にはこの日の先発にルーキー3人を使うようでは、勝ち目はないなと思うところがありましたが・・・代打も2年目の佐野 恵太をラミレス監督は好んで使いますがこれまたノーヒットです。実績のある中川 大志はどうしたのでしょうか・・・

 ちょっと歯車がかみ合わなすぎですね。

 開幕ダッシュができないのは例年の事ですが、投手陣の駒が足りない、打線も揃って打てないというのはここ数年では無かったことなので今年はひどいチーム状態に陥っていると思います。

 明日からのカープ三連戦はビジターですしカープの状態がとてつもなく良い状態ですので3タテも考えないといけないです。そうなるとかなり今年はヤバいぞ・・・と思います。投手陣が元に戻るのは今月末と睨んでますからそれまでに打線のテコ入れが急務かもしれません。

 ホントに今の打線ヤバいよなぁぁ・・・
 
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック