【女人禁制】決まりだからしょうがないじゃん・・・ってかい?

 京都舞鶴市で行われていた大相撲の春巡業で土俵上であいさつをしていた舞鶴市長が体調を崩して倒れるハプニングがあったそうで・・・
 
画像


 スタッフ、観客がその場で心臓マッサージを施しているその中に女性が痛そうでそれに気づいた観客から『女性が土俵に上がるのは良いのか?』と言う声が上がったそうでその指摘を受けた若手の行司さんが、場内アナウンスで2~3度その女性に対し土俵から降りるようにマイクで伝えたという。

 古来から伝わる伝統ですからねぇぇ・・・理解できる部分もありますけどねぇ。

 命に係わる状況でしたからそこまで決まりに縛られることはどうなのかなぁぁ・・・とも思うし。

 とっさのことでパニックになった若手の行司さんが一番割を食った感じかな・・・

 幸いにも市長の病状は命に別状はなかったそうで、それが何よりでしたね・・・

 

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック