【悲報】日高晤郎さん、永遠に

 道産子なら一度は聞いたことがあるだろう、STVラジオ『ウィークエンドバラエティ 日高晤郎ショー』のパーソナリティーで知られる日高晤郎さんが3日午前10時48分、悪性腫瘍(脂肪肉腫)のため74歳で亡くなった。
 
画像


 1978年34歳の時にSTVラジオの番組を担当して以来、40年間にわたり同局の看板パーソナリティーとして活躍。83年39歳の時にスタートした『ウィークエンドバラエティ日高晤郎ショー』では歯に衣着せぬ語り口が人気を呼び、以来35年間にわたって毎週土曜日の朝8時から夕方5時までの9時間生放送を続け、北海道民に愛されてきた。

 歯に衣着せぬ語り口と一言で言っても、芸能、スポーツ、政治などあらゆるジャンルに造詣が深く、またそれらをよく勉強されていたし、「言葉」と言うものを大事にしている方でした。『語源雑学縦横無尽』のコーナーでは毎週一つの文字で始まる言葉について調べ上げ日本語の深さを教えてくれました。

 最近ではあまり脚光を浴びなくなった演歌をはじめとする歌謡曲に対してその歌手たちに歌への心を込めること、ここでも言葉の大事さを説いていました。

 そんな晤郎氏の思いを汲んで紅白歌手へと成長していった歌手も少なくはありません。山内惠介、市川由紀乃、島津亜矢などがそうですね・・・

 最近はインターネットやスマートフォンで地方のラジオも聞けるようになり、ボクは故郷の北海道の放送、この『ウィークエンドバラエティ日高晤郎ショー』を毎週聞いていました。

 ボクがよさこいでのMCに於いて言葉を大事に扱うよう心掛けたのもこの日高晤郎さんとの出会いが大きく影響しています。

 謹んでご冥福を祈りたいと思います。

 長い間ありがとうございました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック