【不屈】川内選手、ボストンマラソン優勝おめでとう!!

 世界最高峰シリーズ「ワールド・マラソン・メジャーズ」の一つであるボストンマラソンで日本の公務員ランナーで有名な川内優輝(31=埼玉県庁)選手が2時間15分58秒で優勝し、1987年瀬古利彦以来31年ぶりの快挙を遂げた。
 
画像


 冷たい雨が降り続く厳しいコンディションの中前半から快速ラップで大きく引き離す作戦でしたがさすがにこれは現地の実況アナウンサーや開設者も苦笑するものでした。その通りj次第に後続集団に飲み込まれ「やっぱりね」的な展開。

 ところが・・・ここからは青春ドラマかってな感じの展開が待ってました。

 一時はケニア勢が大きく引き離し35㌔地点では1分30秒ほど離されていました。が、徐々に徐々に追いつきついには先頭を奪い返す快走です。

 現地の実況アナと解説も『アンビリバボー!!』という始末。

 そして日本人31年振りの優勝となりました。

 しかし、彼は昨年の世界陸上で9位に終わり日本代表からは引退を表明しているだけに東京オリンピックへの道は険しい。

 それと、笑えるのは世界最高峰とうたわれるこのレース、国際陸連が求める条件を満たしていない片道コースのため、公認記録とはならない。

 なんのこっちゃ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック