【再建】突貫工事でW杯突入する気か?

 電撃解任のハリルホジッチ監督。いや元監督ということになるのか。

 新監督はサッカー日本協会の西野朗技術委員長となった。

 西野朗と言えば、アトランタオリンピックで指揮を執ったこともあり、そこでは日本がブラジルに勝つという『マイアミの奇跡』を起こしたことは記憶に新しい。

 が、それは過去の出来事でありそれが今後の日本代表に直結するもので彼の指導力を後押しするものとは到底言えない。

 辛口評論でお馴染みのセルジオ越後は、今回の解任について『決断の遅すぎ。3年間の無駄な金を使った責任はだれが負うのか?』とコメントしている。

 もっともな話である。

 更に、『組織としてもつじつまが合わない。技術委員長とは代表監督を任命、管理、解任する立場、本来なら代表チームの不振は技術委員長の責任でもある』とも付け加えている。

 そして一部ではスポンサーの影も囁かれているのも事実だ。

 招集メンバーの構成で視聴率の取れる取れないが影響しているとも言う。

 もしそれが本当ならば、言語道断、日本代表をどう考えているのか?ってことである。

 視聴率の数字を考える前に、ピッチの上で点を取れる選手を考えろ!っての。

 
画像


 

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック