【OH様の競馬道場】日経賞/中山・毎日杯/阪神

 もう、寒いんだか暖かいんだかわかんねっつうーーの

 雪降らすんじゃねえよ

 さてさて、今週からは4週連続GⅠが続きます。

 今週はスプリント戦ですな。そして土曜日の競馬も東西で気になる馬たちの前哨戦が行われます。

 『阪神11R 第65回毎日杯 GⅢ 3歳オープン 芝1800M 外回りAコース 10頭 15:35発走』

 皐月賞への最終便となるであろうレースですね。しかし、ここから大きく成長する馬も少なくないので見逃せませんね。

  本命は3番のインディチャンプ。1600Mまでしか経験はありませんが距離延びての馬だと思います。間違いなくの好素材。ここはあっさりと行けると思います。

 対抗は5番のギベオン。外回りならこの馬の持ち味は他を上回ると思います。

 単穴は7番のユーキャンスマイル。もたれ癖があるので少々評価は下げていますがそこさえ解消できればまとめて負かす能力はあるんじゃないかと・・・

 以下、4番のシャルドネゴールド、1番のブラストワンピース、10番のアルムフォルツァまで。
 
画像


 馬券は馬単で3番から印の各馬への流しです。


 『中山11R 第66回日経賞 GⅡ 4歳上オープン 芝2500M 内回りAコース 15頭 15:45発走』
 尚、1着馬には天皇賞(春)への優先出走権が与えられます。

 本命は4番のロードヴァンドールから入ってみます。中山11Rの芝2500Mは内が有利というのもありますし、展開的にはこの馬に恩恵がありそうですしね。

 対抗は9番のゼーヴィント。七夕賞以来8か月ぶりは少々分が悪いかもしれませんがまだ底を見せていないのもまぎれもない事実。ここは先行投資といってみましょう。

 単穴は14番のキセキ。う~~ん、正直印に困りました。前述したように中山芝2500Mは内有利。そして昨年の菊花賞組のその後の戦績がふるわないこと。この辺が妙に引っかかるんですよね・・・今回ダメなら天皇賞はヌケにします。

 以下、7番のトーセンバジル、11番のサクラアンプルール、12番のガンコまで。
 
画像


 馬券は4番の単複。馬連、馬単で4番から印の各馬への流しとします。

 桜は週末に咲きほころぶでしょう。ますますワクワクな季節になってきますね
 今週の競馬も楽しんでまいりましょう!!

 『当たるも八卦当たらぬも八卦』

 グッドラック!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック