【OH様の馬券道場】アネモネステークス/中山・フィリーズレビュー/阪神・金鯱賞/中京

 中山牝馬ステークスのカワキタエンカ、上手くいきましたな・・・}バッチリでしたわ
 このところメイン予想、えぇ感じじゃおまへんか(笑)この調子でもういっちょ、いったろやないか~~ぃ!!・・・と張り切るとろくなことないので今一度気を引き締めてまいりましょ。

 さて日曜日の競馬は3場ともに盛りだくさんですな。目の離せない1日となります。

 『中京11R 第54回 金鯱賞 GⅡ 4歳上オープン 芝2000M Aコース 9頭 15:25発走』

 頭数こそ少ないですが顔触れはなかなか揃いましたな。
 本命は9番のスワーヴリチャード。抜群に強いとは思いませんが、抜群に安定感はあると思います。この頭数で大外枠は競馬がしやすいでしょうから難なく勝てるとは思います。

 対抗は5番のサトノダイヤモンド。この馬もこの頭数でしたら難なく勝ち負けでしょう。が、攻め馬の状態が決してよろしくない!取りこぼしは大いにあろうかと思ってます。

 単穴は1番のヤマカツエース。金鯱賞は変則ですが2連覇中です。昨秋のレースはとにかく馬場の悪さに足元をすくわれたと言えるでしょう。状態も戻った今なら勝負になります。

 以下、6番のダッシングブレイズ、3番のプレスジャーニー、2番のメートルダールまで。
 
画像


 馬券は馬単で9番から印の各馬への流しです。


 『阪神11R 第52回 報知杯フィリーズレビュー GⅡ 3歳牝馬オープン 芝1400M 内回りAコース 18頭 15:35発走』
 尚、1~3着馬に桜花賞の優先出走権が与えらます。

 本命は1番のアンヴァル。3連勝中ですが4か月の休養を経ての出走となります。しかし、前走が1200M戦の場合3着以内にも入らないというジンクス(過去の実績)がありますが、そこはこの馬がぶっ飛ばしてくれるものと信じています。とにかく状態は良いので大丈夫でしょう!!

 対抗は9番のアンコールプリュ。前走のつわぶき賞は強い勝ち方でした。この馬も将来性を含め大いに注目の一頭です。

 単穴は7番のモルトアレグロ。チューリップ賞の3着までが阪神JF組で占めたことからもレースレベルの高さは否定できません。5着だった同馬を評価しないわけにはいかないと思います。関東馬でありながらも今週の攻め馬の状態から対応してくれるとは思ってます。

 以下、14番のアルモニア、2番のデルニエオール、6番のアマルフィコーストまで。
 
画像


 馬券は馬連で1番と9番から印の各馬へのフォーメーションです。


 『中山11R アネモネステークス 3歳牝馬オープン 芝1600M 外回りAコース 13頭 15:45発走』
 尚、1・2着馬には桜花賞への優先出走権が与えられます。

 本命は5番のハーレムライン。新馬戦4着から徐々に着順を上げて2連勝中です。初勝利は中山の1600Mですから距離、コース適性共に問題は有りません。重い馬場も経験があるので、今の荒れたコースでも対応は利くはずです。

 対抗は1番のレッドレグナント。2連勝をした後は骨折休養を5か月挟んでの復帰戦となります。それがどう出るかではあります。1番枠だけに荒れた馬場を走らされるのは辛いでしょうかね。

 単穴は11番のラチュロス。本来なら中山の芝1600M戦で外枠の馬に印は打ちたくはありませんが、今の馬場に悪さ、それに加え同馬の攻め馬でたたき出したラスト10.9秒は破格の数字でした。

 以下、9番のダノングレース、8番のテンワールドレイナ、7番のアングレームまで。
 
画像


 馬券は馬連で5番から印の各馬への流し、3連複フォーメーションで5番と1番を1列目、1番と11番を2列目、1番、11番、9番、8番、7番を3列目とします。

 そして明日はあの7年前を思い出さないといけない日です。今こうして楽しく競馬ができる喜びなどを含めて黙とうしたいと思います。

 『当たるも八卦当たらぬも八卦』

 グッドラック!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック