【決断】重すぎた代償2

 国際オリンピック委員会(IOC)は12月5日、スイスのローザンヌで理事会を開き、国家組織的なドーピングを行ってきたとされるロシアに対し、2018年2月に韓国で開催される平昌(ピョンチャン)オリンピックでロシア選手団の参加を認めないと決めた。
 
画像


 2011年から4年間にわたって、選手に対して運動パフォーマンス向上の薬物のドーピングを国家ぐるみで組織的に行ったとして、世界アンチ・ドーピング機構(WADA)が報告し、IOC理事会はロシアの参加について協議していたという。

 そして、平昌オリンピックでは、ロシア選手の成績はオリンピックの公式記録には記録されず、国としてメダルも獲得できない。ただし、厳格な条件を満たせば、個人の資格で、国旗も国歌も使用できない「中立選手」として参加することができる見込みである。

 特に女子フィギアスケートのロシア選手は現在世界の上位を占めており参加が認められなくなると、メダルの行方は混とんとする。日本の代表候補に挙がる選手なら一気にメダル候補となる。しかし、他国の選手に与える動揺も少なからずあるはずだ。

 必ず言われるであろう「ロシアの選手がいたら・・・」の言葉が彼女らに重石となるであろう。

 とにも、かくにも憎むべきはドーピングを国ぐるみで行ってきた組織だ。必死に毎日毎日苦しい、つらい練習を課してきたアスリート達にはいい迷惑である。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック