【切磋琢磨】スポーツ大一番

 昨日はJリーグの優勝争いで2位の川崎フロンターレが大宮アルディージャを5-0で破りジュビロ磐田と0-0のスコアレスドローに終わった首位の鹿島アントラーズと勝ち点で並んだが得失点差で上回り最終戦で逆転の国内戦初タイトルに輝いた。
 過去に何度も準優勝に甘んじてきたシルバーコレクターに初の栄冠が訪れた瞬間でした。
 
画像


 フロンターレは前身の日本リーグ時代は富士通サッカークラブで一度も1部を経験したことがなかったチームです。Jリーグが開始した当初はまだJリーグ資格がなくしばらくはアマチームでしたがその後川崎フロンターレとしてJ参入を果たしました。しかしスター選手には恵まれず上位争いはするものの優勝には遠いチームでした。

 しかし風間監督がチームを上手くまとめチームに優勝を意識させたのがここ数年。その風間監督も今はチームを去りましたがそのイズムはしっかりとチームに根付いていたようです。

 これからは、アントラーズとレッズの2強時代にフロンターレが加わる3竦み状態になるのでしょうね・・・


 今日はJ2からに昇格プレーオフがグランパスとアビスパの間で決戦が行われました。

 こちらは共にJ1でもおなじみの両チームですし特にグランパスは日本リーグ時代から1部の常連チームでしたから今年のこの一は不本意そのものです。
 またこの両チーム監督も前出した風間監督が今はグランパスを率い、一方のアビスパは元日本代表の井原が監督を務めています。

 ゲームの方は0-0のスコアレスドローで規定によってグランパスが昇格となったのです。
 Jリーグ発足当時からJ1のチームとして頑張ってきたグランパス、『おかえりなさ~~~い』

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック