【ご安全に】人の命を守ってるんだろが

 このところの製造メーカーの不祥事が相次ぐ事態。
 
画像


 作り手側の誠意はどこにいってしまったのだろう。

 ボクが勤める建設業界では数年前にとんでもない偽装問題に端を発していろんな制度の見直しができた。

 手前味噌ながら相当に正しい形になってきたと思う。ただし、結構面倒な書類管理が求められたりもするのですが。

 でも、それはボク達の作り上げるものが人の命を守るためのものだからである。建物の強度、防災、避難・・・

 すべて安全に過ごせることが求められているのです。

 それが守られていないものを提供していることを組織ぐるみで動かしていたら消費者は何を信用していいものやら・・・です。

 日本人の優れた技術力がだんだん崩れていくのはなんともいたたまれないのです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック