【未来の主役】2017ドラフト会議

 今日行われたプロ野球ドラフト会議。

 注目の早稲田実業、清宮幸太郎はファイターズが7チーム競合の抽選で見事『交渉選択権』を引き当てました。しかしファイターズは注目選手を引き当てる強運を毎年見せますね。
ダルビッシュ、斎藤佑樹、中田翔、大谷翔平、そして今年は清宮幸太郎。すごいですわ。

 我がベースターズも清宮一位指名の噂もありましたがボクは絶対ないと思ってました。

 その通り、一位指名は立命館大の左腕投手、東克樹でした。しかも競合無しの1本釣りという実のお上手なドラフトです。この東投手の持ち味は150キロ以上の球速。それよりも制球力の高さが魅力です。今までコントロールで苦労したことがないと言えるくらいの自信があるようです。

 二位は日本生命の神里和毅外野手。俊足、強肩、そして強打が自慢と言います。外野手の層は割と高いのですがベイは打力の高い代打がいないのとピンチランナーの駒が足りないのでこのあたりからの起用で持ち味が出せたらいいのではないでしょうか。

 三位は北海高校の右腕、阪口皓亮。数年後必ず戦力になると思います。186センチの長身からの角度あるストレートやカットボールは威力がありますのでファームで1~2年力をつけてくれたら本格化右腕のいないベイ投手陣の弱点を補えると思います。

 四位は地元JX-ENEOSの右腕、斎藤俊介。150キロ前後のストレートや球種が豊富なので制球力さえつけばセットアッパーでの起用もあるかも。

 五位は日大三の桜井周斗投手。清宮キラーとも言われた投手ですが打撃も見どころがあります。さてさてその場合はどこを守りますかね。

 六位にはB.C石川の寺田光輝投手。サイドスローでシンカーが魅力。加賀投手のような感じかな。

 七位は強肩内野手のパナソニック・宮本秀明。倉本の控えがいないのでもし故障した際には存在感が増しますね。

 八位は東北福祉大の楠本泰史。正直この時点で取れたのはラッキーでした。侍ジャパン大学代表の四番を任されるほどの強打者です。足も速いので即戦力となるかも。

 九位は滋賀ユナイテッドB.Cの山本祐大捕手。肩の強さが自慢ですがファームで鍛えて数年後の活躍を期待します。

 そして育成枠で獲得したのは和歌山・簑島高校の投手、中川虎大でした。
 
画像


 将来のベイスターズが常勝チームになるためにはこの選手たちの活躍が必要です。楽しくベースターズで野球をやりましょう!!
 そして来年のペナントレースでは20年ぶりのリーグ優勝を勝ち取れましょう!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック