【初志貫徹】ラミレス監督の名言

 我がベイスターズのA.ラミレス監督は常にポジティブな考え方で、インタビューを受けてもまず悲観的なコメントは言わないのが特徴です。どんな時も選手批判はしたことがない。
 
画像


 そして名言をいつも創り上げてそれを浸透させる能力に長けた人だと思う。

 今シーズン当初は『THIS IS MY ERA.』これは、オレたちの時代と言う意味があります。

 そしてシーズン終盤にはスローガンを変えて『OUR TIME IS N.O.W.』としました。すべてはこの時のためにという意味でした。そのスローガンのもと、チームは2年連続の3位となってAクラスを死守して昨日、クライマックスシリーズを勝ち抜き日本シリーズへと進出しました。

 またシーズン中はどんなチーム状態の時でも、『Tomorrow is another day』と言い続けました。不振を極めた選手でもこの言葉を送り続け立て直してきました。

 そして、クライマックシリーズを振り返って言った言葉は(」昨年から時折言ってましたけどね)『どう始まるかではなく、どう終わるかが大事なこと』

 この言葉は好きですねぇ・・・

 これ、仕事でも使おうと思います。

 準備ができて取り組んでもいろんなトラブルがあって、それを立て直しながら目的を全うする。その過程を考えながら最高の結果をもたらすにはどうするか・・・

 何かを成し遂げた人の言葉って胸に刺さりますねぇぇぇ・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック