【OH様の大穴搾り】オールカマー/中山・神戸新聞杯/阪神

 今週も秋のGⅠへのステップレースが組まれています。

 『中山11R 第63回産経賞オールカマー GⅡ 3才上オープン 芝2200M 外回りCコース 17頭 15:45発走』

 尚、1着入線馬には天皇賞(秋)への優先出走権が与えられます。

 本命は15番のカフジプリンス。近走で勝鞍はないですが、夏に入ってからは上昇ムードです。なんとなくここをターゲットにしているような雰囲気が感じられます。

 対抗は9番のタンタアレグリアこのメンバーのなかで中長距離に絶対の自信を持っているのはこの馬が筆頭でしょう。

 単穴には8番のステファノス。最近はムラがあるので正直どこで走るのかが分かりにくいですね。

 以下、16番のツクバアズマオー、2番のアルバートまで。
 
画像


 馬券は馬連で、15番と9番から印の各馬へのフォーメーションとします。


 『阪神11R 第65回神戸新聞杯(菊花賞トライアル) GⅡ 三歳オープン 芝2400M 外回りBコース 14頭 15:35発走 』

 尚、3着までの入線馬には菊花賞への優先出走権が与えられます。

 本命は8番のレイデオロ。逆らう要素がないので。

 対抗は2番のサトノアーサー。阪神コースに良積がありますね。内枠ですし最後の脚が活かせる事もここは推しの要素です。

 単穴は4番のベストアプローチ。ダービーは案外の10着でしたが、青葉賞での脚は印象的でした。

 以下、3番のダンビュライト、9番のマイスタイル、14番のアドマイヤウイナーまで。
 
画像


 馬券は馬単で8番から印の各馬への流しです。三連複は8番と2番の二頭軸で印の各馬への流しです。

 『当たるも八卦当たらぬも八卦』
 グッドラック!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック