【OH様の大穴搾り】新潟記念/新潟・小倉2歳ステークス/小倉・丹頂ステークス/札幌

 夏競馬のフィナーレです。場所が中央に戻ってくる期待感が大きくあるのですが反面、札幌が終わるのが寂しいですね。また来年・・・というのが。

 『新潟11R 第53回新潟記念 GⅢ 3歳上オープン ハンデ 芝2000M 外回りAコース 17頭 15:45発走』

 本命は13番のトーセンバジル。天皇賞以来の競馬となりますがこの馬が56キロで出走とは・・・これを見逃す手はないかな。

 対抗は11番のアストラエンブレム。堅実な成績ですねぇ。直線の長いコースなら鬼脚を駆使して着を拾えると思います。

 単穴は17番のウインガナドル。3歳馬をノーマークにはできません。正直このメンバーで逃げ切れるのかは微妙ですが。

 以下、8番のフルーキー、4番のロッカフラベイビーまで。
 
画像


 馬券は馬単で13番と11番から印の各馬へのフォーメーションとします。


 『小倉11R 第37回小倉2歳ステークス GⅢ 2歳オープン 芝1200M Bコース 18頭 15:35発走』

 正直このキャリアでの1200M戦、何が来てもおかしくないです。難しいですよ。
 本命は11番のモズスーパーフレア。小倉勝利組の中では最も早い時計でした。攻め馬も好調ですから信頼できます。

 対抗は17番のアサクサゲンキ。こちらも攻め馬が好調です。ただここが4戦目というのが引っ掛かりますが・・・

 単穴は9番のヴァイザー。別路線組ならこの馬が最右翼かな。阪神での1400M戦が初戦でしたが速い時計でした。

 以下、10番のバーニングペスカ、7番のペイシャルアス、13番のルリハリまで。
 
画像


 馬券は馬単で11番から印の各馬へ流しとします。


 『札幌11R 丹頂ステークス 3歳上オープン ハンデ 芝2600M Cコース 14頭 15:25発走』

 本命は5番のラブラドライト。ダイヤモンドS2着の馬が53キロなら狙いたいですね。

 対抗は11番のプレストウィック。前者より1キロ重いのが不思議ですがチャンスは有ると思います。

 単穴は2番のタマモベストプレイ。重賞の常連馬ですがここで57キロならそれほどのハンデではないでしょう。
 
 以下、1番のサラトガスピリット、14番のバロンドゥフォールまで。
 
画像


 馬券は馬連で5番から印の各馬へ流しとします。

 さぁ、最後をきっちり締めて秋に備えたいですね。

 『当たるも八卦当たらぬも八卦』

 グッドラック!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック