【OH様の大穴搾り】新潟2歳ステークス/新潟・キーンランドカップ/札幌・小倉日経オープン/小倉

 時が過ぎるのは早いもので夏競馬は今週と来週の3日間となりました。

 2歳の重賞がこの時期から本格化していきます。

 『新潟11R 第37回新潟2歳ステークス GⅢ 2歳オープン 芝1600M 外回りAコース 15頭 15:45発走』

 2歳の重賞もこの時期は正直わかりません。比較が難しいですよね。ただボクは自分なりのファクターで予想してます。基本的には新馬戦勝ち後の馬。そして攻め馬タイムの速い馬。しかも馬なりが良い。

 これらを鑑みての本命は3番のテンクウ。攻め馬時計が南ウッドで50.3-36.4-12.4を馬なり計時ですから速いですね。短めの攻め馬が少し物足りないのかな?という気もしますがそれまでの本数を考えればまぁこのくらいでもいいか・・・

 対抗は13番のシンデレラメイク。この馬も栗東ウッドで51.4-37.5-12.8をゴール前強めでの追切り。かなり活気ある動きだったと思います。そして夏は牝馬の言葉もありますから。

 単穴は6番のプレトリア。新馬戦は出遅れて後方からの競馬で4コーナー13番手からの一気差しで勝っています。出遅れは勘弁してほしいですがこの末客は新潟コースなら脅威ですね。

 以下、8番のフロンティア、1番のムスコローソ、5番のオーデットエールまで。
 
画像


 馬券は3番の単勝。馬連で3番から印の各馬へ流しとします。


 『札幌11R 第12回キーンランドカップ GⅢ 3歳上オープン 芝1200M Cコース 13頭 15:35発走』

 本命は10番のシュウジ。前走は函館SSを10着と惨敗でしたが、この馬は正直いつ走るかが見極め難しいです。ただ今回鞍上がモレイラに替わりますからこれは良い方向に出るんじゃないでしょうか。一変を期待します。

 対抗は9番のモンドキャンノ。2歳時は重賞を3連続連対、しかも朝日杯は2着と上位の成績で空いたが3歳になって伸び悩みました。今回は休み明けでもありますし鞍上も戸崎に戻りますから心機一転巻き返しか。

 単穴は11番のソルヴェイグ。戦歴の上ではメンバー中格上的存在ですね。休み明けですが乗り込み量も多いので心配はないでしょうね。

 以下、7番のフミノムーン、4番のヒルノデイバロー、2番のイッテツまで。
 
画像


 馬券は10番の単勝。馬連で10番から印の各馬へ流しとします。


 『小倉11R 小倉日経オープン 3歳上オープン 芝1800M Bコース 12頭 15:25発走』

 本命は2番のサトノラーゼン。このメンバの中では力が一枚上ではないかと思います。

 対抗は7番のダノンメジャー。先行出来る馬はこの馬になると思いますが逃げ切ることも可能でしょう。あとはサトノラーゼンの末脚を交わすことができるかどうかでしょう。

 単穴は9番のベルーフ。前走の小倉記念4着の出来が続いていれば好戦も可能ですかね。

 以下、12番のサンライズタイセイまで。
 
画像


 馬券は馬単で2番と7番から印の各馬へのフォーメーションとします。

 『当たるも八卦当たらぬも八卦』

 グッドラック!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック