【一本道】美雪晴れ ~みをつくし料理帖~ 高田郁

 みをつくし料理帖の第9巻です。もうすぐ完結を迎えるのですがまだまだいろいろなことが主人公の澪に降りかかりますね。
 
画像


 <第1話>
 神帰月― 味わい焼き蒲鉾

 後添えを娶る、後妻として嫁ぐ。これを決断するというのは簡単な答えではないでしょうね。しかし、その答えが難しいことを知っているからこそ結ばれるときは堅い堅い絆が生まれるものと信じています。


 <第2話>
 美雪晴れ― 立春大吉もち

 ものの価値観というのは作り手がそれに対して相手の姿が見えているかどうかで大きく変わると思います。きっと受け取る側にとっても作り手の顔が見えるようなものに出会ったときは感慨がひとしおであるのです。


 <第3話>
 華燭― 宝尽くし
 
 祝宴というのは流麗華美であることが必須ではありません。心尽くしの持て成しがあれば潤うものと思います。またそこまでに費やした時間の思い出が美しい引き出物になることもあるわけです。


 <第4話>
 ひと筋の道― 昔ながら
 
 自分の信じる一本道はどんな障害があっても進むべきです。それを認めてくれる友がいればさらに心強い道のりだと思うのです。

 
 この巻では今まで苦労した人が新しい幸せの扉を開くことができます。主人公の澪にも幸せの扉がもうすぐ見えることを信じてやまないのですが・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック