【OH様の大穴搾り】安田記念/東京・グリーンステークス/阪神

 鳴尾記念は予想通り、単穴予想のステイインシアトルが攻め馬で見せていた伸びのある動きが少頭数で生きましたね。スマートレイアーの猛追を凌ぎ切って初の重賞勝ちでした。
 先週からボクの予想も好調でようやく長いスランプから抜け出せた気がします。

 さて、6週続いたGⅠもひとまずここで終了です。最後はきっちり締めたいですね。

 『第67回安田記念 GⅠ 3歳上オープン 芝1600M Cコース 18頭 15:40発走』
 尚、3着までに入線した馬には8月13日にフランスのドーヴィル競馬場で行われるジャックルマロワ賞(G1)への優先出走権が与えられます。

 マイル界は現状絶対王者がいないので結構混戦模様かと思います。
 18番のステファノスに本命を託してみました。東京のマイル競馬は2000Mくらいのスタミナも要求されます。またコース形態から大外枠の馬でも案外好走している実績もあります。人気のイスラボニータの動きを見ながら走れる位置でもありますからチャンス大だと思うんです。

 対抗は12番のビューティーオンリー。この香港の馬は相当強いと思います。攻め馬の内容も早いところを見せていましたし府中向きと思うんですよね・・・

 単穴は15番のイスラボニータ。GⅠは惜しいところで勝てないのですが今回はチャンスでしょうね。ただ、前走が目一杯という評もありますので当日の気配も要注意かな・・・

 以下、8番のエアスピネル、4番のアンビシャス、17番のヤングマンパワーまで。
 
画像


 馬券は18番の単複、馬連、馬単は18番から印の各馬への流しとします。3連複、3連単は18番を1軸12番と15番を2軸、そして上記2頭に加え8番、4番、17番をマークしたフォーメーションとします。


 阪神競馬場のメインは『グリーンステークス 3歳1600万下 ハンデ 芝2400M 外回りAコース 9頭 15:30発走』

 本命は3番のレイズアスピリット。12ハロン辺りの距離では堅実な成績を残していますし休み明けのフレッシュさが生きるんじゃないでしょうか。

 対抗は2番のリッチーリッチー。前走は緑風Sを勝ちましたがもう一度1600万下で出走できたのはラッキーでした。攻め馬の時計も好調ですのでチャンス大ありですね。

 単穴は9番のウインスペクトル。ここは展開的に逃げるような馬がいないので先手をうまく取れたら少頭数ですから逃げ切ることも可能です。単勝狙いも有りかと・・・

 以下、4番のザトゥルーエアー、1番のクィーンチャームまで。
 
画像


 馬券は馬連で3番から印の各馬への流しとします。9番の単複も。


 さぁ、今週からは2歳新馬戦も始まりました。来年のダービーへの道は既に始まったということですね。早いもんですねぇ・・・

 では、明日も頑張りまっしょい!!

 『当たるも八卦当たらぬも八卦』
 グッドラック!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック