【OH様の大穴搾り】麦秋ステークス/東京・鳴尾記念/阪神

 先週行われた競馬の祭典『第84回東京優駿(日本ダービー)』はレイデオロが勝ち今年のダービー馬の称号を得た。

 ボクの予想はスワーヴリチャードを本命、レイデオロが対抗、アドミラブルが単穴だったので、単勝、馬単、3連単は外しましたが複勝、馬連、ワイド、三連複は的中しました。まぁ満足な結果でした。
 ダービーを当てると何だかすべてを征服したような・・・(大げさかな・・・笑)
 今週の競馬が待ち遠しくって・・・

 そして今週からは来年のダービー馬を目指す2歳馬の新馬戦がスタートします。

 また楽しみな1年が始まるわけですね・・・

 土曜日の競馬は阪神で重賞が組まれています。が、まずは東京から。

 『東京11R 麦秋ステークス 3歳上1600万下 ダート1400M 16頭 15:45発走』

 本命は1番のポールライトニングとしました。昨秋のオーロカップでは1分21秒8の時計をマークしています。この時計はかなり優秀ですが、今回は展開的にどうでしょうかね・・・・追い込みの馬だけに前が少しでも速くなってほしいですね。

 対抗は13番のプレスティージオ。こちらは先行出来る馬ですが今回あまり前を主張する馬が見当たりませんからこの馬にアドバンテージがあるかも・・・と思っています。

 単穴は2番のオニノシタブル。降級馬が多い中でこの馬は1000万下からの格上げ戦となります。勢いがこの馬の見えない力になってくれるといいのですが。

 以下、14番のプリサイスエース、6番のベストマッチョまで。
 
画像


 馬券は馬連で1番から印の各馬への流しとします。


 阪神競馬場は今週から第3回の開催が始まります。開幕週は『第70回鳴尾記念 GⅢ 3歳上オープン 芝2000M 内回りAコース 10頭 15:35発走』が行われます。

 本命は8番のスマートレイアー。なんといっても阪神は大の得意です。7歳の牝馬というのを見るとちょっと全幅の信頼はおけないのですが。前走のヴィクトリアマイルの競馬内容を見ればまだこのクラスなら・・・という気がします。

 対抗は5番のバンドワゴン。格上げ戦ですがこの馬はひょっとしたら相当強いのかもしれません。しかも鞍上は神ってるルメール。今週の攻め馬の時計も優秀ですからこの馬が主役を張る日も近いのかもです・・・

 単穴は9番のステイインシアトル。攻め馬では鋭い伸び脚を見せていました。頭数も少ないのでこの勢いがハマるかもしれませんね。

 以下、3番のマイネルフロスト、6番のデニムアンドルビーまで。
 
画像


 馬券は馬連で8番から印の各馬への流しとします。

 というわけで、今週からもはりきってまいりましょう

 『当たるも八卦当たらぬも八卦』

 グッドラック!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック