【決断】今季初の勝ち越し

 日曜日も観戦してきました。ツバメさんチームとの6回戦となります。

 日曜日の横浜は4月としては暑いくらいの陽気でした。
 
画像


 先発は我がベイちゃんはクラインそしてツバメさんはオーセンドルフの対戦です。

 このクラインは2メートルの長身から投げるんですがまぁ、コントロールが定まらない。常にボール先行でカウントは苦しくなるんです。出だしの2イニングはフルカウントがお決まりでした。それでも何とか抑えていましたからリズムは作られていましたね。

 1回裏にロペスの先制ホーマーで1点を先取してベイがまず主導権を握る形となりましたが、3回に犠牲フライとバレンティンのホームランで逆転されました。が、この日のベイは毎回のようにチャンスは作っていました。そして4回裏のベイの攻撃では2死の後倉本の四球を足掛かりにフルベースとしてピッチャーのクラインに打席が回ります。ここでは巡りが悪いなぁ・・・と少々頭を抱えてしまいましたが、初球を見事にとらえました。2人が返って再び逆転としました。

 その後も、この日ケガの梶谷に代わって先発出場の荒波が右中間を破るツーベース、そしてロペスがツーベースで返し追加点を挙げその後も倉本のツーベースも出て完全に主導権を奪いました。

 先発のクラインは5回と1/3を投げ須田にスイッチ、そしてハプニングは7回のヤクルトの攻撃に訪れます。

 この回のベイは須田の後を受けた投手はなんと抑えを2年間務めてきた山﨑康晃でした。

 後で知りましたが、今後は7回のマウンドは山﨑が引き受けることになったそうです。そしてこの日の投球は完璧な内容でした。またいずれ最後のマウンドを山﨑が立つ日がやってくるとは思いますがその日までじっくりと頑張ってほしいと心から声援を送りたいと思っています。

 最後のマウンドを今日から引き受けるのは新外国人投手のスペンサー・パットン。危なげない内容で勝利を決め、今期初のカード勝ち越しを決めました。

 ラミレス監督も山﨑康晃の抑えポジションを奪ったのは相当な決断だったと思います。が、チームを上昇させるには今はこれがベストだと思います。
 まだテコ入れしないといけない部分もありますがまずはこの体制で次節のカープ戦を戦っていくでしょう。

 しかし、心配なのは筒香のバッティングです。ヒットこそこの日も最終打席で1本出ましたが、ほとんどがバットの出が遅くなって差し込まれる内容です。まだホームランが1本も出ていないのはホントに気がかりです。

 次節の広島でのカープ戦、ハマスタに戻ってのドラゴンズ戦、勝ち越せば4月の5割も見えてきます。

 ガンバって、ベイスターズ!

 絶対勝つぞ!ベイスターズ!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック