【ベテラン勢揃い】やすらぎの郷

 今日もこの春スタートしたドラマの話。

 テレビ朝日系列で月~金の12時30分~12時50分に放映されているのが『やすらぎの郷』です。
 
画像


 俳優や歌手、ミュージシャン、脚本家などの昭和世代にテレビの世界で活躍した人物だけが入居する、東京近郊の老人ホーム「やすらぎの郷 La Strada(ラ・ストラーダ」を舞台に、“家族の絆”・“友情”・“愛情”・“死”などをテーマに、ユーモラスかつシリアスに描くドラマです。

 倉本聰のオリジナル脚本作品でありますが、このドラマの大きな特徴は主演が石坂浩二で、浅丘ルリ子、有馬稲子、加賀まりこ、五月みどり、野際陽子、八千草薫、藤竜也、ミッキー・カーチスら昭和を代表する俳優が共演する。

 石坂浩二と浅丘ルリ子と言えばかつてはおしどり夫婦と呼ばれた二人ですが離婚して以来31年ぶりに競演するというのも大きな話題です。

 すべてが名俳優、大女優が顔をそろえているのでドラマの雰囲気はずっしりとした安定感を感じます。

 そういった意味では最近の賑やかさはないもののベテランの味を感じるドラマと言えましょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック