【こだわりの味】坂の上のそば屋 司

 部下ちゃんの『ゆとりクン』とも今月でお別れになるので二人でお食事をってなことをしたわけですわ。

 向かった先は京浜急行日ノ出町駅近くの『坂の上のそば屋 司』さん。

 何度もうかがっているお店ですが、美味しいもの好きのゆとりクンには是非とも紹介してあげたかったわけでして。

 今まではお昼に伺う事ばかりでしたが今日は夜のお食事・・・というかお酒のあてにお蕎麦を・・・てな感じで。

 まずは、そば焼酎を。今日は「信濃の仁右衛門」をお湯割りでいただくのですが、当然ながら蕎麦湯で割るのです。これが濃厚で旨いのです。これ、氷を入れての蕎麦水割り?も相当美味しいです。

 そして最初のあては『そば掻き』メニューでは「ふわふわそばがき」となっています。中にそばの実が入っていて食感が実に良いんです。付けたれに蕎麦湯を入れて飲みたいところなんですがそれをやると女将さんに『まだ早い!!』って注意されます。お蕎麦に着けても美味しいから蕎麦湯割は最後にしてね・・・という事なんです。相変わらず女将さんらしい気の配りようです。
 
画像

 
 芝海老の天ぷらも絶品でした。
 お塩だけでいただくのですが芝海老の甘さと衣の旨みとがマッチするんです。
 是非、食べてもらいたい一品です。
 
画像


 そんでもって、メインはやっぱりお蕎麦ですね。
 今日は『かも南ばんせいろ』
 
画像

 このお蕎麦は鴨肉やおネギを軽く焼いていただきます。付タレのお醤油も4種類をブレンドしているとのことで、尖った味もなく美味しいです。お蕎麦の量はやや多めです。満足の一品なんです。

 ちなみに、一緒に行ったゆとりクンはこの時期限定の『かき南ばんそば』でした。こちらは牡蠣の旨みがぎゅっと凝縮されて口に入れるとたまりませんよ。そして牡蠣は器の中に6個か7個入っています。贅沢なんだなこれが・・・

 是非、一度行ってみてくださいな・・・
 女将さんとのおしゃべりも楽しいし、時間があればご主人もテーブルにきて話をしたりもしますよ。有意義な時間が楽しめるお店です。

 住所 横浜市西区東ヶ丘23-27(京浜急行本線日の出町駅下車徒歩5分、日ノ出町駅から189m)

 電話 045-251-0738(夜は早めに閉めることもあるので電話したほうが良いです)

 営業 11:30~20:30くらい(不定休・日曜営業)
 
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック