【OH様の大穴搾り】中山記念/中山・阪急杯/阪神・関門橋ステークス/小倉

 今年から大阪杯がGⅠに昇格するので、中山記念の位置付けがかなり重要になってきますね。そして春の天皇賞へのステップが阪神大賞典と日経賞になるのである程度整理が付きやすくなりました。

 『中山11R 第91回中山記念GⅡ 4歳上オープン 芝1800M 内回りAコース 11頭 15:45発走』

 本命は4番のリアルスティール。中距離では現役馬の中では最強ではないかと思われるのですがこれがなかなか勝てないのが泣き所。実際に3歳時の共同通信杯と昨年のドバイターフしか勝っていませんからね・・・

 対抗は7番のアンビシャス。こちらはリアルよりは安定感があります。ほぼこの2頭の争いかとは思っていますが。

 単穴は3番のヴィブロス。秋華賞を勝ったあとは休養に入っての復帰戦です。その分割り引きましたが牝馬での中心馬にはこの馬が成るのは間違いないと思っています。


 以下、8番のツクバコガネオー、1番のネオリアリズム、5番のサクラアンプルールまで。
 
画像


 馬券は馬単で4番から印の各馬への流しです。


 『阪神11R 第61回阪急杯 GⅢ 4歳上オープン 芝1400M 内回りAコース 12頭 15:35発走』

 本命は7番のシュウジでほぼ間違いないでしょう。なかなか勝ちきれないでいましたが前走の阪神Cでようやく突き抜けました。これからのスプリントはこの馬が中心かな・・・と。

 対抗は5番のロサギガンティア。この阪急杯に於いては6歳馬、5枠はデータ的には良い結果がありませんが今回は横の比較をするとこの馬が台頭してきます。

 単穴は6番のムーンクレスト。前走の京都金杯15着は全くいただけませんが阪神1400Mでの実績は上位ですので3番手評価としました。

 以下、3番のブラヴィッシモ、2番のトーキングドラムまで。
 
画像


 馬券は馬単で7番から印の各馬への流しとします。


 『小倉11R 関門橋ステークス 4歳上1600万下 芝1800M Bコース 10頭 15:25発走』

 かつては第1週に行われ小倉大賞典の前哨戦だったのですがね・・・

 本命は4番のフロリダパンサーの逃げ切りに期待します。

 対抗は8番のウインクルサルーテ。

 単穴は2番のサンデーウィザード。

 以下、9番のメイクアップ、5番のデンコウリキまで。
 
画像


 馬券は馬単で4番から印の各馬への流しとします。

 『当たるも八卦当たらぬも八卦』
 グッドラック!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック