【OH様の大穴搾り】フェブラリーステークス/東京・斑鳩ステークス/京都・小倉大賞典/小倉

 久々にメインレースで的中のコラムを書けました。

 ダイヤモンドステークスでは本命のアルバートが貫録の勝利。2着に上がり馬のラブラドライトが残ってくれたので比較的高い配当をいただけました。
 さぁ、この流れを大事にしていかんとな・・・

 『東京11R フェブラリーステークス GⅠ 4歳上オープン ダート1600M 16頭 15:40発走』

 なかなかの面白いメンバーですね。新旧のダート巧者が覇権を狙った良いレースが期待できます。

 本命は6番のモーニンとしました。昨年の同レースを勝った後は成績がパッとしませんが、今週の攻め馬の動きは復活を予感させました。やや枠は内なので良い条件ではないのですが、先行出来る脚質ですし克服できるかと思います。

 対抗は11番のノンコノユメ。昨年の1~2着馬の再現となりますかね・・・こちらも今週の攻め馬の動きは伸びやかなフットワークで「これはすごい!」と思いました。

 単穴は9番のベストウォーリア。毎回確実に先頭に詰め寄ってくる脚は勝ってもおかしくないのですが何か少し足りないんですねぇぇ・・・

 以下、4番のコパノリッキー、3番のゴールドドリーム。この2頭は急逝した父ゴールドアリュールの弔い戦となりますか・・・
 
画像

 
 馬券は馬単で6番と11番から印の各馬へのフォーメーションとします。


 『京都11R 斑鳩ステークス 4歳上1600万下 芝1400M 外回りBコース 13頭 15:30発走』

 本命は6番のテラノヴァ。このレースに出走する馬の中で前走石清水Sの2~4着馬が出ていますが同馬はその4着馬です。3着のキングハートには0.3秒差付けられましたが今回は攻め馬の動きが一変しています。逆転は十分可能だと思います。

 対抗は5番のレッドアヴァンセ。昨年の牝馬3冠レースにすべて出走してそれぞれ1ケタ着順と力は上位でしょうが芝1400Mの適正はどうでしょうね・・・そこが少々疑問です。

 単穴は2番のニシノラッシュ。前走は1000万下の京都芝1400M、1分22秒2は相当早いと思います。ましてやCコースですから。1発あればこの馬かな・・・

 以下、3番のマカハ、9番のロイヤルストリート、13番のスマートカルロスまで。
 
画像


 馬券は、馬単で6番から印の各馬への流しとします。


 『小倉11R 第51回小倉大賞典 GⅢ 4歳上オープン ハンデ 芝1800M Aコース 16頭 15:20発走』

 本命は9番のパドルウィール。前走は金鯱賞でヤマカツエースのクビ差2着でした。今週の攻め馬の動きも馬なりで終いが11.5秒ですから好調な証です。

 対抗は6番のマイネルハニー。当然逃げることになるでしょうから小回りコースの小倉なら要注意です。6番枠も絶好です。

 単穴は2番のストロングタイタン。前走の中山金杯9着は案外な成績でしたが距離的にはオープンに入っても十分通用はすると思います。栗東坂路での追切も馬なりで51.9-37.7-24.1-11.9は勝ち負けかと思います。

 以下、14番のヒストリカル、16番のロードヴァンドールまで。
 
画像

 
 馬券は馬単で9番と6番から印の各馬へのフォーメーションとします。

 今日で東京、京都開催は終わり次週からは中山、阪神へと舞台は変わります。いよいよクラシックのトライアルレースも始まります。さぁ、忙しくなるぞぉぉ~~~っと

 『当たるも八卦当たらぬも八卦』
 グッドラック!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック