【OH様の大穴搾り】ポルックスステークス/中山・淀短距離ステークス/京都

 金杯は乾杯どころか、全敗でしたよ・・・

 初日を終えて片目すら空いてないよぉぉ・・・

 そんな中、熱発しちゃいましたよぉぉ・・・

 でも出走取り消しはしないもんね
 こんな時の方が当たるんだわ

 ではまずは明日の中山のメインからまいりましょう・・・

 『中山競馬11R ポルックスステークス 4歳上オープン ダート1800M 14頭 15:35発走』

 ここは人気ですが2番のピットボスがクラスの壁を打ち破る可能性は高いでしょうね。中山コースは初めてですが同じような阪神コースでも好走しているので大丈夫でしょう。そして攻め馬もウッドコースなのがちょっと不安ですが時計は素晴らしいです。

 対抗は5番のセンチュリオン。中山ダート5勝の巧者です。上がり時計も早いので早めの抜け出しができれば一気の差しも・・・

 単穴は8番ノバスタータイプ。9か月ぶりのハンデが印を下げた一番の理由です。実力は高いのですがね。

 以下、14番のジュベルムーサ、1番のタムロミラクルまで。
 
画像


 馬券は馬単で2番と5番から印の各馬へのフォーメーションとします。


 京都のメインは『京都11R 淀短距離ステークス 4歳上オープン 芝1200M 内回りAコース 16頭 15:45発走』

 逃げるタイプが多いような気もしますが開幕集の京都Aコースです。先に行った方が良いんじゃないかな・・・というのが東方の見方です。

 本命は13番のトウショウピストです。攻め馬の状態が良いのと今回はルメールへの乗り替りも強力な材料です。

 対抗は12番のセカンドテーブル。この馬も先行タイプですし、京都巧者でもあります。

 単穴は7番のアットウィル。坂路での好時計を見るとこの馬も絶好調。
 前走の3着辺りからかつての堅実性が戻ってくるような気がしますね。

 以下、15番のフミノムーン、11番のセイウンコウセイ、5番のトータルヒートは大穴で・・・
 
画像


 馬券は13番の単勝。馬単も13番から印の各馬への流しです。

 では、土曜日も張り切っていきましょう

 『当たるも八卦当たらぬも八卦』
 グッドラック!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック